芸能

“淳子超え”で、路線変更した百恵の「青い果実」

 70年代の芸能界は、圧倒的に「歌謡曲」が主軸であった。レコードの売上げだけでなく、テレビも地方営業も、すべては「歌手ありき」で芸能界が動く。そして73年、渦中にデビューした百恵と淳子は、あっという間に主役の座を射止める。それを支えたのはレコード界の仕事人たちであった。

百恵のデビュー曲は失敗だ!

「あの子だったら自分がプロデュースしてみたい」

 73年8月27日、ホリプロの音楽ディレクターだった川瀬泰雄は、担当していた井上陽水とともに日比谷野音の客席にいた。森昌子、石川さゆり、そして山口百恵(53)の「ホリプロ三人娘」と名づけられた合同イベントに、ふらりと寄ってみたのだ。

 川瀬は陽水のほかにモップス、後に浜田省吾を担当するなど「フォーク&ロック畑」にいたが、まだデビュー間もない山口百恵の曲に心を奪われた。

〈あなたが望むなら、私、何をされてもいいわ〉

大胆な内容ではあるが、メロディと詞がピタリと一致した気持ちのいい曲だと思った。9月1日に発売された第2弾シングル「青い果実」のことである。

「彼女がデビュー直後、ホリプロ社内の挨拶回りで会ったんです。その時は清潔感はあるがちょっと地味な子という印象。正直、桜田淳子のほうがかわいいなと思ったくらい。ただ、2曲目を歌う姿には品性の高さを感じ、サビ始まりという曲の構成にも新鮮なインパクトを受けました」

 川瀬は3作目の「禁じられた遊び」(73年11月)から正式に担当ディレクターとなり、百恵が白いマイクを置いて引退する日まで全楽曲に関わった。レコーディングを中心に、音楽面の細部を取りしきった形だが、トータルなプロデュースを担当したのはCBS・ソニーの酒井政利だった。

 酒井は、実は百恵が「スター誕生!」の決戦で合格する以前からデビューの準備を進めていたと言う。「番組の池田文雄プロデューサーから会ってくれないかと言われたんですね。少し個性的だったので、私向きだと思ったようです。私は新人は自分で探すという自負心があったため、本来は『スタ誕』とは距離を置いていましたが、彼女と清水由貴子だけは手がけてみたいと思えた」

 デビュー曲の「としごろ」(73年5月)は、作詞家の千家和也に「見た印象をそのまま詞にしてほしい」と依頼した。サブタイトルに〈人にめざめる14才〉と酒井がつけたのは、南沙織のデビュー曲「17才」と同じように、少女の成長物語と考えたからだ。

 ただし─失敗作だったと酒井は述懐する。最高位で37位、6.7万枚という売上げは「大きなソニー、大きな新人」というレコード会社の看板を掲げたわりには物足りなかった。

「まだ音域が1オクターブ半しかないこともあって、歌そのものが平板な作りになった。同じ中3トリオの森昌子と桜田淳子が走っていたから、これは過激にいくしかないと方向転換したんですね」

 それが「青い果実」に始まる “青い性典路線”であり、ここで一気にベストテンに入る成果となった。一方で中学生の子に思わせぶりな歌詞を歌わせているとの批判もあったが、酒井は意に介さなかった。

「百恵というのは石鹸みたいな清潔感でしたから、変な方向に行くという心配はなかった。性典モノであっても、誰もが通過する成長の記録になればと思った」

 そして酒井は、ここまで無我夢中になれたのは先行する淳子がいたからだと感謝する。百恵の最大の恩人は、同期にして同学年だった桜田淳子だったと─。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
藤原紀香、広末涼子…今年前半は芸能人夫婦の“改元離婚”ラッシュが起きる?
2
松本人志・三又又三「絶縁騒動」に続きあの“電撃”芸人にも金銭トラブルが
3
中居正広、2番組打ち切り報道で急浮上した「ポスト中居の意外ジャニタレ」
4
「ゴチ」に千鳥ノブ加入で「これでアノ男はなおさらいらない」の声続々!
5
西野カナの休養宣言で芸能界に広がっている「意外な風評被害」とは!?