芸能

「ふてほど」純子役の河合優実が主演ドラマで話題沸騰!「令和の山口百恵」ブレイク秘話を深掘り

 ヤンキー娘から、今度は探偵へ。女優の河合優美が主役を務めるドラマ「RoOT/ルート」(テレビ東京系、火曜深夜24時30分)が大きな注目を浴びている。

 河合と言えば、好評のうちに幕を閉じたドラマ「不適切にもほどがある!」(ふてほど=TBS系)で演じた小川純子役が当たり役となり、お茶の間での知名度が一気に向上。そのタイミングで主演ドラマが放送されるあたり、運にも恵まれていそうだ。

 ドラマ的には突然現れた新星のようにも見える河合だが、映画業界ではすでに若手の有望株として名の知られる存在。2021~2022年にはヨコハマ映画祭の最優秀新人賞やキネマ旬報ベスト・テンの新人女優賞、ブルーリボン賞の新人賞などを次々と受賞し、令和のネクストブレイクとして注目されていたのである。

「2019年のデビュー以降、映画出演はすでに20本を超えており、昨年には初主演作の『少女は卒業しない』も公開。それに対してテレビでは『ふてほど』が連続ドラマのレギュラー出演ではまだ2本目に過ぎず、お茶の間での知名度が低かったのも無理はありません。『RoOT/ルート』は民放連続ドラマでの初主演作であり、彼女の真骨頂がテレビでも観られるとファンも期待を高めています」(テレビ誌ライター)

 その河合、昭和チックなビジュアルが「山口百恵に似ている」と評判だ。「ふてほど」では昭和61年のヤンキー女子校生を演じ、髪型もいわゆる聖子ちゃんカットだったが、大学受験を目指して髪を切ったあたりからはぐっと山口百恵みが増していたのは記憶に新しいところだろう。

 実は彼女自身、自分が山口百恵似であることは自覚しているのだとか。高校では周りから似ていると指摘され、自分で調べてみたらあまりにも似ているのでビックリしたという。

 しかも高校の恒例行事だった卒業生の出し物では、コンビを組んだ友人にダンスを踊ってもらい、河合自身は山口百恵のヒット曲「プレイバック part2」を熱唱。どうやらサービス精神もなかなかのもののようだ。

「そんな河合が女優を志すようになったきっかけは高3の夏に観たとあるミュージカルだったとか。発売中のエンタメ誌『アサ芸Secret! Vol.87』(徳間書店)では、そのミュージカルやその後の驚くべき出会いといった河合のブレイク秘話を特集しています。まだデビュー5年とは思えないほどに濃い女優人生を知れば、彼女がこれほど話題になっている理由も分かるのではないでしょうか」(前出・テレビ誌ライター)

 ドラマ「RoOT/ルート」で河合が演じる調査員の玲奈は、タクシー運転手の素行調査をしていたはずが、いつの間にやら女子高生の失踪事件へと繋がることに。第2話以降はその事件がさらに大きく展開していくという。果たして玲奈の運命は…。映画のような映像美と共に、河合の演技を楽しみたいものだ。

※画像は(c)パシャ

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
2
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」
3
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
4
「青春18きっぷ」夏季用がようやく発売でも消えない「冬季販売中止」の不穏な背景
5
「山口組のキッシンジャー」が体現した哲学! ヤクザの「平和共存」は方便などではなかった