芸能

伝説の「放送事故」50年の再現VTR<“艶”サプライズ篇>玉木宏が暴露した若手女優のある行動

 たとえ世界が明日終わってしまおうとも、今、目の前で“艶”サプライズがあれば凝視してしまう。男とはそんな生き物だ。

 14年10月7日、人気番組「踊る!さんま御殿!!」(日テレ系)にイケメン俳優の玉木宏(39)と千葉雄大(30)がゲスト出演。玉木が後輩の千葉を紹介する際に、衝撃の暴露をした。

「千葉君は、たまちんを揉まれるんですよ、女性に」

 驚いた明石家さんまが「ベテラン女優に?」と聞くと、千葉はこう答えた。

「いや、年下です。チーンって言って触られるんです」

 この日、2人から「年下の女性」は明らかにされなかったものの、共演歴や関係性を照合すると、その女優は川口春奈(24)で間違いないと意見が一致する。

「あれからしばらく、川口を見ると『揉まれたい』とエロい気持ちになりました。事故回というよりも神回でしたね」(織田氏)

 15年10月5日、TBSの朝番組「はやドキ!」で、お天気キャスターの福岡良子(32)が衝撃のデビューを飾っている。この日、番組に初めて登場した福岡は、元気いっぱいに吹き出し型のボードを使って天気のポイントを伝えようとする。

 ところが、元気がありすぎたのか、ボードの突端がスカートの裾に引っ掛かり、正面から思いっ切りめくれてしまう。

「まさか、パンチラどころか、パンモロと言っていい露出具合。しかも、早朝から黒のパンティを見せられるという衝撃にクラクラしました」(織田氏)

 残念ながら福岡は、わずか半年で「はやドキ!」を降板したが、現在はNHKに拠点を移して愛らしい姿を見せている。隠れ巨乳でもあるだけに、再び「エロい放送事故」を期待したいところだ。

 数々のエロ企画で男たちのオアシスとなった「トゥナイト2」(テレ朝系)は、今では信じられないような企画がめじろ押し。とりわけ、よくぞオンエアしたものだと絶賛されたのが、この企画だった。

〈猿のオナニーは、本当に死ぬまで続けるのか?〉

 このレポーターに選ばれたのは、Fカップのグラドル・しいなまお(41)だった。番組の期待に応え、猿はしいなの顔を見つめたまま、シコシコを始める。そしてあわや、しいなの顔面に‥‥というスリリングな展開に。

 番組史上、名場面のベストワンに推す声も多いが、間違いなく現在ではアウトな映像だろう。

 元「モーニング娘。」の石川梨華(34)は、09年10月9日の「バンバンバン」(TBS系)で、自慢の胸の谷間だけでなく、後ろ姿でも楽しませてくれた。

 番組では板東英二(79)とともに京都の山中でマツタケ狩りに興じたのだが、しゃがむたびにローライズのデニムパンツからお尻がくっきり。しかも、パンティが極小なのか、あるいはノーパンだったのか、お尻の割れ目も延々オンエア。

 お昼の14時台には刺激的すぎる生中継として、ネットが騒然となったものだ。

 最後は、Iカップのグラドル・相澤仁美(36)が、07年6月の「ゴッドタン」(テレビ東京系)で見せた渾身の一撃を。

「アイドルがファンの自宅で過激な恩返しをするという企画でした。相澤は目をつぶったファンに乳を寄せたり、顔面騎乗したり、やりたい放題。あの爆乳が明らかにファンの顔に乗っかっているし、グラドルの域を超えた過剰サービスでしたね」(織田氏)

 許される範囲の事故であろうか──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
5
古代シュメール人に文明を与えた「幻獣オアンネス」は宇宙服を着た地球外生命体だったという考察