芸能

広島・寺本莉緒、鹿児島・大原優乃…47都道府県代表が「グラドル甲子園」で競演!

 新型コロナウイルスの影響で、全国高等学校野球選手権大会、いわゆる「夏の甲子園」が中止に。涙を飲んだ選手も多かったことだろう。

 その一方で、男子なら思わず生唾を飲む、“夢の甲子園”が開催されているのをご存じだろうか。全国47都道府県のバスト自慢を選出する、その名も「グラドル甲子園」だ。

「注目は広島県代表の寺本莉緒。あどけないルックス、18歳の若さ、150センチと小柄な身長。それでいて立派に育ったバスト。そのギャップが男性ファンを虜にしています。今後、少しずつ大人になってゆく様子と、さらに成長してゆくボディを長く注目していきたいですね」(週刊誌グラビア担当)

 2016ミス・インターナショナル日本大会のファイナリストにして、パーフェクトなボディでグラビア界を席巻している奈月セナは、岐阜県代表だ。

「身長172センチ、B88・W58・H89という息を飲む妖艶ボディ。さらに圧巻の美貌。初めてのラジオレギュラー番組を地元の岐阜県で持つなど地元愛も強く、文句なしの岐阜県代表でしょう」(芸能ライター)

 ドラマ「女子グルメバーガー部」(テレビ東京系)に出演、視聴者への“飯テロ”で話題となったのは大原優乃。女優として着実に歩みを進めているが、もちろんグラビアクイーンとしても健在だ。

「雑誌の表紙登場頻度は群を抜く多さ。ステイホーム期間中は、グラビアに備えてさらにカラダを磨き上げたというから、鹿児島県民も自信を持って送り出せる代表グラドルでしょう」(週刊誌記者)

 8月5日発売の「アサ芸シークレットVol.65」では、豊かなバストの美女を47都道府県から選出した「グラドル甲子園2020」を掲載中。地元のバスト代表を要チェックだ!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
2
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
3
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
4
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」