社会

スマートフォンの普及で進むネット犯罪に注意

 昨年相次いだネットを舞台にした凶悪事件。中でも三鷹女子高生殺人事件では、別れた恋人や配偶者のヌード写真や動画を故意にネット上に流出させるという復讐方法がクローズアップされた。

 スマートフォンの普及により、老若男女問わず、誰でも気軽にネットを閲覧できるようになったことで、「事件はさらに凄惨さを増す」と分析するのは、自殺・自傷・依存など若者の生きづらさをテーマに取材する渋井哲也氏だ。

「昨年11月に、滋賀で14歳の少女がネットで予告したうえで生中継しながら13階から飛び降り自殺をした事件が記憶に新しいですが、今年は犯罪者自身が事件を生放送する事態が予測されます。動画を録画するひと手間を省き、リアルタイムで事件を中継するのです。ネット閲覧者が警察に通報しても間に合わないでしょう。『殺人なう』なんて言葉が生まれるかもしれません」

 ITジャーナリストの井上トシユキ氏は、少年少女のみならず熟年世代が被害にあうケースが増えると断言。「今年は50代以上の中高年がネット犯罪のターゲットにされます」と、警鐘を鳴らす。

「ガラケーからスマホに機種変更をしてネットの世界にどっぷりとハマッている中高年は、いわばネット初心者。00年代初頭からネット犯罪の手口はさほど変化していませんが、初心者であることと、人生経験を積んだ自信による油断で、昔ながらの手口に引っ掛かるのです。アダルトサイトに仕込まれたフィッシング(詐欺)サイトにアクセスして、クレジットカードの会員番号や銀行口座のパスワードを入力してしまうことが代表例です」

 前出・渋井氏は、中高年を狙った恋愛絡みの詐欺の増加に危機感を募らす。

「55歳の女性が出会い系サイトで女子大生に成り済まし、3年半で600万円をだまし取る詐欺事件が起こりましたが、これもネット初心者がだまされやすい手口。実際に会ったこともない相手に口説かれても貢がないという、基本ルールを徹底してください」

 他にも対策はある。

「新品のスマホに、ウイルス対策ソフトは装備されていません。5000円程度で入手できますが、詐欺による“勉強料”よりは断然安い。身を守るための投資と考えて、購入することをオススメします」(前出・井上氏)

 スマホデビューしたオヤジたちには耳が痛い話ではないか。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天・田中将大に「不可解な動き」次回登板のメドなしで「無期限2軍」の不穏
2
水原一平が訴追されて大谷翔平の「次なる問題」は真美子夫人の「語学力アップ」
3
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題【2024年3月BEST】
4
【ボクシング】井上尚弥「3階級4団体統一は可能なのか」に畑山隆則の見解は「ヤバイんじゃないか」【2024年3月BEST】
5
「失策王&打率2割以下」阪神・佐藤輝明に持ち上がる「外野へ再コンバート」の劇薬