芸能

山田邦子「松ちゃんの性格はわかってるんで」/テリー伊藤対談(2)

テリー M―1と言えば、審査委員長の松本(人志)さんが大変だね。

山田 ねぇ。年明けからいろんなことになっちゃって。

テリー どう思いますか。

山田 何とも言えないですけどね。でも、松ちゃんの性格はわかってるんで。品はいいですよ、松ちゃんって。で、モテモテだから女の子に困ってるっていうこともない。

テリー なるほど。

山田 みんながビックリするような、有名な芸能人ともいっぱい浮名を流しているから、そんな素人さんに下品なことをすることはないと、私は思うんですけど。

テリー でも活動休止しちゃったね。

山田 いいやり方だったと思いますよ。笑えなくなっちゃうからね。楽しいことを担当してるのに、いつもいつも片方でモメ事がついて回るのは、ちょっと気分的にもイヤだったんだろうなと。だから休むっていうふうにしたんだと思いますけどね。

テリー あと俺が思ったのは、多分休むと家で自分が出ていないテレビ見ることになるでしょう。そうすると、また違う発想が出てくるんじゃないかな。レギュラーが7本も8本もあると、どうしても流れ作業みたいになっちゃう。一旦そこから離れるのは悪くないと思うよね。

山田 そうでしょうね。客観的ないろんなことを見たり、考えたりするいい機会になるんじゃないかしら。もう60歳だしね。

テリー その割にいい体してるよね。

山田 すごい作ってますよね。住んでるマンションの下か何かにいいジムがあるみたいで、それがきっかけだったって。私も久しぶりに会った時にあまりにもパンパンだったから聞いたら、そんなようなこと言ってましたね。

テリー でもさ、考えてみると邦ちゃんがデビューした頃と今って、お笑い芸人のステータスが全然違うよね。

山田 すごい大スターみたいな扱いですもんね。私たちの時は、「色もの」とか言われて、歌手の方のオマケみたいな感じで。

テリー 昔は歌手の人たちは「お笑いとカラみたくない」って言ってたもんね。

山田 挨拶に行ったら、「あい」って言われるだけですよ。それがもう「おはようございます」って向こうから言ってきてもらえるんだから。変わりましたよ。

テリー 芸人になりたい人も変わったよね。

山田 いい大学を出てたり、いいところのお坊ちゃんだったり。私も今振り返ってみれば、短大まで出してもらって、ちゃんと建設会社に就職も決まっててね、親の顔に泥を塗ったもんだなと思うけど。スカウトしてもらったら、「ああ、もうデビューできるんだ」と思っちゃって、この世界にもう44年もいますけど。

テリー もうそんなになるんだ。

山田 その中には何人かいますよ。「デビューさせたいんだけど、プロの目で見てどうだろう」って相談されたことが。

テリー あ、そんなのあった?

山田 何回もあります。吉川晃司君とか。

テリー ええっ、「モニカ」が来たの?

山田 まだ「モニカ」でデビューする前ですよ。で、私「うーん、ダメだと思う」って言って。随分後になって、「君にそう言ったことがある。ごめんなさいね」って謝りましたけど。あとは阿部寛君とか。

テリー 阿部寛って、「メンズノンノ」の表紙をずっと飾ってましたよね。

山田 そうです。で、その時も「ちょっと背も大きすぎるし、向かないと思うから、いい大学出てるんだから、ちゃんと就職した方がいい」って本人に言ったの。それも後でちゃんと謝りましたね。

ゲスト:山田邦子(やまだ・くにこ)1960年、東京都生まれ。1980年、芸能活動開始。1981年、デビュー曲「邦子のかわい子ぶりっ子(バスガイド篇)」で全日本有線放送大賞新人賞受賞。「オレたちひょうきん族」「邦ちゃんのやまだかつてないテレビ」(共にフジテレビ)などで人気に。1988年〜1995年までNHK好きなタレント調査で8年連続1位。2007年、乳がん発覚。2008年、がんに対する知識と理解を呼びかけるチャリティー団体「スター混声合唱団」を設立、団長を務め全国各地にて活動中。2022年より「M-1グランプリ」(朝日放送)の審査員を務める。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
3
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
4
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
5
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」