芸能

山田邦子「M-1の審査員は初回が楽しかった」/テリー伊藤対談(1)

「M-1グランプリ」の審査員に就任して以降、これまで以上にその存在や発言に注目が集まる山田邦子。自身のYouTubeでは芸能界の思い出話や裏話を語る動画も好評だ。天才テリーとは同時代を駆け抜けてきた仲。M-1のこと、渦中の松本人志のことについても語り合った。

テリー この前が2回目でしたっけ。どうですか、「M‒1グランプリ」の審査員は。やってみて。

山田 1回目の方が楽しめましたね。1回目は、ずっと見てた番組で、「わぁ、本番はこうなんだ。テレビで見るのとは違うんだな」とかワクワクしちゃって、お祭りに参加したみたいな感じだったけど。2回目は準備もたっぷりしちゃったし、1回目に選んだ人がその次の日から大スターになるのをはっきりと見たし。責任感みたいなのがすごく出ちゃって、ちょっとソワソワしましたね。実は寝不足で、当日眠かった(笑)。

テリー スタジオの空気ってどんな感じなの?

山田 お客さんも緊張してますよね。

テリー そういう中で自分が面白いと思うのと、お客さんのウケっていうのは温度差があるんですか。

山田 ありますね。やっぱりこっちはちょっとはプロですものね。でも、ここはシンプルに、ほんとにその時面白いものをっていうふうに、シンプルにシンプルにって心がけますけど。

テリー 今は審査員も「あいつ、何にもわかってねぇ」とか叩かれちゃうでしょう。

山田 そうなんですよ。でもお祭りだから、いいんじゃないですかね。決勝の1週間ぐらい前に審査員も発表になるんですよ。そうすると誹謗中傷がワーッと来ますからね。「辞退しろ」「お前に何がわかるんだ」「誰だ、このくそババア」「死ね」とか(笑)。

テリー ええっ! 俺もう絶対出たくないな。気が弱いから。

山田 そうなの?

テリー イヤですよ。そんなの見なきゃいいじゃない。

山田 でも、私はそれもひとつ番組のうちだと思ってるので全部見ます。応援もすごくしてくれるんですよ。そういう中から「何言ってるんだ、お前」「山田邦子を知らないの? お前こそ素人だな」って反論してくる人が出てくるわけ。

テリー 邦ちゃんの味方が。

山田 そうそう。やり合ってるのね。私もちょっと入れてもらうっていう感じで。書き込んで、「ごめんなさいね、おばあちゃんなのよ」とか言って。「うるさい、入ってくるな、山田邦子」って、また怒られて「ごめんね」とか。

テリー そうか、大変だなぁ。でも、今のお笑いに詳しくなるよね。

山田 そうですね。決勝でやるようなネタはほぼ見てますから。新ネタを下ろしてくる子もいるので、そういうネタは初めてですけど。だから、面白いですよ。「この子たち、鉄板ネタで来た」とか「新ネタで勝負して来た」みたいのがわかりますからね。

テリー どうなんですか、最近の芸人さんは。

山田 前みたいに、うんとハングリーでもないですよね。M―1のチャンピオンって参加者8000組以上の頂点なんですよ。

テリー そんなにいるの?

山田 そう。その頂点だから。もうね、結構稼いでる子たちなんですよ。

ゲスト:山田邦子(やまだ・くにこ)1960年、東京都生まれ。1980年、芸能活動開始。1981年、デビュー曲「邦子のかわい子ぶりっ子(バスガイド篇)」で全日本有線放送大賞新人賞受賞。「オレたちひょうきん族」「邦ちゃんのやまだかつてないテレビ」(共にフジテレビ)などで人気に。1988年〜1995年までNHK好きなタレント調査で8年連続1位。2007年、乳がん発覚。2008年、がんに対する知識と理解を呼びかけるチャリティー団体「スター混声合唱団」を設立、団長を務め全国各地にて活動中。2022年より「M-1グランプリ」(朝日放送)の審査員を務める。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
2
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴
3
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
4
【鉄道界激震】西武鉄道が「箱根山戦争」を繰り広げた「小田急・東急の中古車両」購入の「格落ち」感
5
好きなところに変化球!ドジャース・山本由伸に大谷翔平が教えた「寝る時間」の極意