芸能

「吉本興業クビ」でプラス・マイナス岩橋良昌が徹底抗戦する「松本人志・真木よう子」暴露話の真偽

 連日、トレンド入りしてメディアを大いに騒がせているプラス・マイナスの岩橋良昌が、所属する吉本興業からマネージメント契約を解除された。吉本興業は次のように説明している。

「岩橋はSNSにおいて、関係者の名誉を毀損する不適切な投稿行為や配信が認められた。その都度、面談して注意指導を繰り返し実施したが、当社からの注意、要請に反する投稿を行うに至ったことから、これ以上のマネージメント契約の維持は困難と判断した」

 岩橋はXで、Hey!Say!JUMP・中島裕翔と真木よう子にエアガンで撃たれたと告発。1月には「俺も昔、松本(人志)さんじゃないけど、先輩に綺麗な女の子連れてったなぁ。まぁ上納か」と暴露していた。さらにはテレビ制作会社プロデューサーの名前を晒し、パワハラ行為を受けていたと明かしている。

「投稿内容の真偽はわかりませんが、突然の告発や暴露は自分を追い詰めてしまうだけ。周囲やしかるべきところに相談するなり、手順を踏んだ方がよかったと思いますよ」(芸能プロダクション関係者)

 吉本興業公式サイトを見ると、所属タレント欄からその名は削除されている。岩橋は「芸人を辞めます」と宣言し、徹底抗戦すると息巻いているが…。

「岩橋は2年前に、不安障害でメンタルクリニックから薬を処方されたことを公表しています。それが一連の投稿と関係があるのではないかと、心配する声もある。もし病気の影響があるのであれば、身近な人のケアが必要になってきます。事務所を離れることで、そういったことができる人間が近くにいなくなり、孤独を深めていくことにならなければいいのですが」(芸能関係者)

 芸人として「上方漫才大賞」や「ABCお笑い新人グランプリ」「NHK上方漫才コンテスト」等の賞レースで輝かしい実績を持つ岩橋。実力は申し分ないだけに、いったい何が起きたのかと、悲しい展開に驚くばかりなのである。

(佐藤恵)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え