芸能

10万人を相手にしても長渕剛が勝てない「たった1人」とは?

20150827nagabuchi

“公称”10万人の観客を富士山麓の「ふもとっぱら」に集め、8月22日の夜から翌朝にかけてのオールナイトライブを敢行した長渕剛。終演後の規制退場に9時間もかかったり、無数の屋台が並びながらも食糧不足になったり、あわや大惨事寸前であったことが参加者のツイッター等でまたたく間に拡散された。

 それでも長渕はトラブルなどどこ吹く風で、全44曲をひたすら「拳を挙げろー、お前たちとの勝負だ!」と煽り続けた。

 そんなカリスマ像をひた走る長渕だが、まったくもって歯が立たないのが夫人の志穂美悦子(現在は長渕悦子)である。日本初の本格的なアクション女優で鳴らしただけに、私生活においても強さは際立っている。

 長渕は自身のラジオ番組で、リスナーからの「夫婦ゲンカはしないんですか?」の質問にこう答えている。

「できるかよ、だって拳にタコができているんだぜ。ちょっと口論になると『あなた、ビルの5階から飛べる?』と言ってくるんだから」

 それでも激情家の長渕ゆえに、つい夫人に手を出してしまった。その瞬間、志穂美の後ろ回し蹴りが見事に長渕の首筋にヒット。志穂美の師である千葉真一は、その直後に電話をもらったと小堺一機の番組で明かした。

「悦子から泣きながら『どうしよう、長渕を殺しちゃったかもしれない』って言われたんだ」

 長渕が空手や肉体改造に目覚めたのはこの一件がきっかけである。国生さゆりや冨永愛とのスキャンダルにも一切の動揺を見せない妻は、アクションだけでなく、真のツワモノであるようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    春の“ゆらぎ肌”で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    春はさまざまな環境の変化から、肌トラブルが起こりやすい季節といわれます。朝晩の寒暖差、春風に舞う花粉などの刺激物質、暖かくなったことによる皮脂分泌の増加といった気候の変化に加え、新生活によるストレスなども、肌に影響を及ぼすようです。これらは…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    【一杯酒場】東京・蒲田「うなぎ家」

    97639

    うなぎ串焼からナポリタンまで「蒲田価格」を象徴する立ち飲み味と価格、両方にうるさい地元民が重視する「蒲田価格」を象徴するような「うなぎ家」は、立派なうなぎの串焼きをなんと1本300円で出す店。大将が「仕事帰りの人たちに、ポケットマネーで美味…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊藤綾子、「二宮と結婚間近はウソ」を証明する“芸能界の新たな動き”!
2
まさかのGカップに!浜崎あゆみの胸がV字回復していた
3
男女交際の温床だった!?山口達也「Rの法則」終了危機でアイドルファン歓喜
4
高橋真麻、Gカップ胸をテーブルに「置かせていただきました」写真の衝撃
5
高橋真麻、最新水着ショットの胸サイズがついに「G」から「H」に!?