芸能

石原さとみ映画 製作詐欺の全貌(3)借りていないのに「返せ」!?

 膠着状態が続く中、昨年4月に両者は「債務弁済等契約公正証書」を作成、あらためて返済期日と不動産(自宅)の担保を確認した。
「この頃には映画製作は頓挫していたようです。Sさんは『ホリプロに謝りに行った』と。石原さんのスケジュールを押さえていたわけですから。1500万円はどこに行ったのかわかりません」(I氏)
 そして今年2月、事態は驚きの展開を迎えた。I氏が嘆息する。
「それまでとは違う弁護士から、Sさんの会社が倒産したので破産手続きを開始する、という通知が届いたのです。翌3月には、Sさんが私からお金を借りたことはない、と記載した書類も届いた。では担保はどうなったのかというと、公正証書を作成したあとに、同居している義父に所有権移転、登記変更されていたのです。計画的ですよ、これは。実はこんなことになる前に、詐欺被害として警察に相談していたんですが、何も動いてくれなかった」
 S氏は財産を失い、返済能力もない状態になったというのである。
「私が知っているだけでも、他に3人の『被害者』がいます。私が貸した金も、一部は知人から借りてきたもの。彼らに頭を下げなければいけませんでしたし、信用も失いました」(I氏)
 人気女優を巻き込んだこうした告発に、S氏はどう答えるのか。
「Iさんの作り話、自作自演ですよ。(1500万円を)借りたことはないですね。借りた事実がないのに返せ、と。ハッキリ言って、僕は脅かされて暴力も振るわれていますから」
 さらに、映画製作が頓挫したことについては、
「あれは成立していない映画ですね。配給会社も決まっていませんでしたし。石原さん出演の承諾はいただいていますけど、ホリプロさんに対しても『資金が集まらないから無理です。機会がありましたらまたお願いします』と言いました」
 S氏の代理人の弁護士にも確かめたところ――、
「債務がないのに、あったことになっている。債権の存在を証明してくれと言っているのに、Iさんは証明してこない。(公正証書、念書などは)脅されて作ったものです」
 これに対してI氏は「いったい何を言っているのか」と、さらに憤慨。両者の主張が真っ向からぶつかる異常事態なのである。
 泥沼の様相を呈する「製作詐欺」騒動に振り回された形の石原だが、
「伝説的な娼婦をモチーフにした映画主演の話があります。原作となる重松清氏の小説『なぎさの媚薬』には、ガード下での立ちバックなど、濡れ場満載です」(前出・芸能担当デスク)
 はたして今度こそ、「代表作」となるのか――。

カテゴリー: 芸能   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石原さとみ、「前かがみバスト見せ動画」が“1日で100万再生”の大反響!
2
唐橋ユミ、「大きくない」発言を覆すクッキリ衣装で“Dバスト”の根拠映像
3
ついに薄幸が加入!テレ東温泉旅番組に期待高まる「G・G・Hバスト揃い踏み」
4
明石家さんまがグチりまくり!「五輪開会式」出演芸能人から遠ざけられる“ワケ”
5
フジ井上清華、”Dバスト突き出しサービス”に視聴者が歓喜した!名誉挽回の光明