芸能

「小遣い稼ぎタレント」に学ぶ“今日からマネできる”副業術(3)哀川翔は極めた趣味で…

 趣味である「カブトムシの飼育」を副業に発展させているのが哀川翔(56)だ。

 哀川は販売業者と提携して、自分が飼育したカブトムシをはじめ「カブトムシ飼育セット」や「カブト虫ゼリー」を“哀川翔ブランド”で販売している。

 事情を知るテレビ関係者が明かす。

「商品のクオリティーが非常に高く、カブトムシ愛好家から大好評なんですよ。年間5000匹のカブトムシを育てているだけあって、哀川はカブトムシの飼育に関する日本屈指の権威です。本人は『餌代がかさんで全然儲からない』と言っていますが、実は年に数千万円の利益を生み出しているというのが定説。通販サイトでの販売だけではなく、10万匹に1匹しか生まれないと言われる『雌雄同体カブトムシ』などレアなカブトムシの羽化に続々と成功しているので、それらを提供することで莫大な利益になっているんです」

 趣味の世界で第一人者となり、それが副業となった哀川だが、その可能性は彼のようにカブトムシに限らない。一般人にもその道は開けているのだ。

 副業事情に詳しいジャーナリストの本折浩之氏が語る。

「ネットのサービスを使えば、芸能人でなくても趣味を副業にすることは可能です。例えば写真撮影が趣味の人は『iStock』などの写真販売サイトに登録することで、自分が撮影した写真を売ることが可能です。同じ要領で音楽でもイラストでも全世界を対象に販売することができる時代になりましたからね」

 海外旅行での買い物も副業にできる場合がある。例えば、

「『BUYMA』というサイトで購入者を募れば、日本で売っていないブランド品や高額な輸入品の購入を代行して差額を得ることができます。海外でのショッピングが副業になるんですよ」

 哀川翔のように、自分の趣味を極めることが収益に直結するようだ。

 昨年、やはりネットを活用した物販ビジネスに乗り出したのが柴咲コウ(36)である。

「彼女が立ち上げた『レトロワグラース』という会社では職人が作った食器や家具をネット上で通信販売しているのですが、それらの商品が『ボッタクリ価格ではないか』と話題になっているんですよ。シンプルなワイングラスが7500円、小さなランチョンマットが1万3000円だったりと“ありえない価格”のオンパレード。今やネット通販のサイト立ち上げは一般人でも簡単にできる時代ですが、柴咲の通販サイトを見ていると、“芸能人のブランド価値”はいまだに絶大なんだと痛感します」

 芸能人の多くが日夜励んでいるさまざまな副業。さすがは有名人の特権と思いつつも、金を稼ぎたければマネしてみる価値はありそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
綾瀬はるかも関係!?長澤まさみ、「ドラゴン桜」で“下半身見せ”覚悟の裏事情
2
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
3
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
4
水原希子、映画「彼女」でマッパ“馬乗り合体”の「前後スライド」が激艶!
5
有吉&夏目、“バレなかった逢瀬現場”を推察した今田耕司の「意外な着眼点」