特集

「誰にも言えない口臭問題をケアしたのは、飲むだけOKの『サプリ』だった!」

Sponsored

提供:ソーシャルテック

悩みがある。それは会社で同僚や上司の態度が若干、冷たいような気がするからだ。昨日も自分だけランチに誘われなかった。疑心暗鬼。

「いや、そんな周囲に嫌われるようなことはしていない」

そう思いながらも、自信は日に日になくなってきている。やはり仕事中でも、なにか視線を感じる。悪口を言われているような気がするんだ。

これはマズイ! 仕事への集中力も失われつつある。原因を考えるべく、親友に悩みを打ち明けた。

■まさかの口臭問題の当事者! これは大変だ…

「あ~、そろそろ言わなきゃと思ってたんだけど」

そう言われ、内心「まさか」という言葉がよぎる。

「おまえ最近、口臭がキツイんだよ」

──ショックだった。うすうす気がついていたとはいえ、やはり指摘されると落ち込み度が半端じゃない。まだ親友からのストレートな物言いのおかげでダメージは少ないが、立ち直るのに時間がかかりそうだ。でも、そんなことは言ってられない。早く対策を取り、会社での信頼を回復せねば。

「最近流行りの、『口臭問題』ってやつだな(笑)」

そんな親友の言葉も、当人にとってはまったく笑えない(他人事だと思いやがって)。その日にいろいろと原因と思われる生活習慣を探ったところ、問題なのは深酒・ラーメン・寝不足あたりという結論に至る。

正直、どの習慣も仕事のストレス解消を兼ねているから、止めてしまうのは苦渋の決断。だからといって、会社で後ろ指を刺されるような生き方はできない。ちくしょう、ここはいろいろと我慢するしかないか。

■窮地を救ったのは医師が共同開発したサプリ

口臭に悪影響が出そうな生活習慣は改め、1カ月が過ぎた。でも、周囲の反応は変わらない。どうして? 自分で口に手を当ててみるけど、確かにちょっとクサい気がする。歯磨きもしっかりやっているのに……。本格的に女性社員は口を利いてくれなくなってきた。もはや途方に暮れていたころ、親友からLINEのメッセージ。

「口臭の問題、サプリとか使ってみたら?」

そうか! その手があった。すぐにネットで調べると、ヒットしたのが人気ナンバー1(※)の『ブレスマイル』という商品だ。オフィスでコソコソと熟読。なになに、概要を読んだ感じ「医師と共同開発」「一粒口に入れるだけでOK」「お菓子感覚の味」とのこと。

即購入を決め、仕事の合間に舐めている。パッケージがいかにもなデザインじゃないので、デスクに置いておいても、むしろカッコいい。

思ったより、錠剤の一粒が大きめ。ほのかにヨーグルトミントの味がして、結構おいしい。1日2粒が服用の目安みたいだから、ランチのあとや、打ち合わせ前は必ず飲むようにしている。

パッケージをチェックしてみると、「柿渋エキス」「ラクトフェリン」「緑茶エキス」「シャンピニオン」「シソの実エキス」が配合されていた。そもそも口臭の問題となるのは、食べ物や飲み物以外に、緊張時の乾燥によるもの、口内環境によるもの、体内環境によるもの、と分類されるらしい。これらの問題をケアするための成分が、医師監修のもと、配合されているようだ。

■万事解決!人と話すのが楽しくなった

『ブレスマイル』を飲み始めてから数週間、少しずつ会社のみんなとの距離も縮まってきた。特に口臭のことには触れられないけど、やっぱり原因は自分だったんだと確信した。堂々と話せるようになったし、大きな仕事もひとつ任せてくれるみたい。心機一転、人間関係を築き直そう。ありがとう、『ブレスマイル』!

⇒『ブレスマイル』で自信を取り戻そう

※口臭ケアサプリメントに関するアンケート 2018年日本トレンドマップ研究所調べ

(文/河原塚英信 写真/田口陽介)

Sponsored by 株式会社ソーシャルテック

カテゴリー: 特集   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
2
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」
3
瀧本美織、30歳誕生日で期待される“隠れ充実バスト”開放の濃密ベッドシーン
4
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
5
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!