政治

新潟県知事選「選挙妨害疑惑」地元紙はもともと“書きすぎる”新聞だった

 6月10日に投開票が行なわれた新潟県知事選挙。自民・公明が支援する花角英世氏(60)の初当選で幕を閉じた。今回、「森友・加計」問題で攻勢を強める野党が池田千賀子氏(57)を推して、国政さながらの激しい選挙戦が繰り広げられた。

 その最中、地元紙の報道が波紋を広げた。それは三条地区を中心に発行されている「三條新聞」の6月6日付の記事だった。

 自民党の地方支部が三条市で開催した緊急会議の様子を報じたのだが、その中で支部幹部の発言を掲載。

「(池田氏について)文春(報道)が選挙後に出るようだ。また下半身の話だ」

 そもそも、この選挙は米山隆一前知事の辞職で始まった。その原因を作ったのが「文春砲」。週刊文春が米山前知事の女性問題を報じた。それだけに、インパクト大の発言だったのだ。

 ところが、のちに発言の主は「ツイッターに流れていた話をもとにして話しただけ」と地元紙に抗議する意図があることを日刊ゲンダイが報道。根拠のない発言を掲載した三條新聞は選挙妨害の疑惑をかけられることに…。

「でも、あの三條新聞ですから、そんなに目くじらをたてなくてもいいのに」

 と、話すのは、ある民放局関係者。もともと同紙は「書きすぎる」クセがあったというのだ。

「その特徴ある紙面は番組で取り上げられたこともあります。特に、テレビ欄は驚きで、番組表の2倍ほどの紙面を使って、番組内容を解説してしまうのです」(前出・民放局関係者)

 かつて同紙のテレビ欄を紹介した番組によれば、アニメ「ドラえもん」は、当日の放送回の3分の2の内容を文字化。トーク番組なら司会者とゲストの掛けあいの内容、ネタ見せ番組ならコントのオチまで‥‥。人気番組の全てを紙面でバラしてしまうのだ。前出・民放局関係者が続ける。

「番組を観られなかった子供がクラスの話題についていけるように、全解説の紙面にしたそうで、書きすぎだけど、決して悪気のない新聞なのです」

 今回の「文春砲予言」報道も、選挙の話題についていけない人のために親切心から出たものなのだろう。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ
3
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
4
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!
5
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!