スポーツ

「夏の甲子園第82回大会」チーム打率4割1分3厘の猛打で智弁和歌山が制覇

 今春の選抜準優勝ながら、今大会は近江(滋賀)の前に初戦敗退を喫した智弁和歌山。持ち前の打線の不発が敗因の一つに挙げられるが、それほど智弁和歌山といえば“強打”“猛打”のイメージが強い。

 智弁和歌山=“打”というのが代名詞となったのは、何といっても1997年第79回夏の選手権での優勝からだろう。この時のチームは前年春に2年生ながら快速球を武器に春の選抜準優勝に貢献したエース・高塚信幸(元・大阪近鉄)が肩の故障で投げられず、投手陣は継投に頼るしかなかった。その投手力の弱さを打力でカバー。3番・中谷仁(元・東北楽天など)と5番・喜多隆志(元・千葉ロッテ)らの中軸を中心に打ちまくり、5試合で42得点、チーム打率は当時の最高記録となる4割6厘をマークし、同校史上初となる夏の甲子園制覇を達成したのである。

 そして、その猛打をさらにスケールアップさせ、甲子園を席巻したのがその3年後。20世紀最後となる2000年の第82回夏の選手権のことだった。この年の智弁和歌山は、投手力はやや落ちるものの、春の選抜でも3番・武内晋一(東京ヤクルト)、4番・池辺啓二(慶大ーJX‐ENEOS)、5番・後藤仁、6番・山野純平らの中軸を中心とした自慢の打線が威力を発揮し、5試合で42得点。準優勝に輝いていた。当然、夏の甲子園でも優勝候補の筆頭である。そしてその強打が初戦から爆発。まず新発田農(新潟)を14‐4と圧倒すると、中京大中京(愛知)との2回戦も打線がつながり7回表の時点で7‐0とリード。その裏に一挙6点を奪われ1点差にまで追いつめられたが、逃げ切った。3回戦では2年生ながら名門の4番を任された今江敏晃(東北楽天。現在の登録名は今江年晶)を擁したPL学園(大阪)と対戦。1‐0とリードした4回表に池辺と山野がそれぞれ2ランを放ち、5‐0とリード。それが7回終了時には9‐7と詰め寄られるが、最終回に後藤のソロなどで2点を追加し、11‐7で振り切ったのだった。

 そして智弁和歌山にとってこの大会、最も苦しかった準々決勝がやってくる。相手はこの春の選抜でも1‐0で辛勝した柳川(福岡)だった。試合は投手陣が打ち込まれ、7回を終わって6失点。そして自慢の打線も柳川のエース・香月良太(元・読売など)の前に2得点のみ。敗色濃厚だった。だが、迎えた8回裏、1死後から武内が右翼席に追撃弾となるソロを打ち込むと、ランナーを2人ためて山野が起死回生の同点3ランを放ったのだ。そしてそのまま延長戦へと突入。11回裏に後藤のサヨナラタイムリーで死闘に決着をつけたのである。

 続く準決勝の光星学院(現・八戸学院光星=青森)戦も劣勢の終盤に打線が目覚め、7‐5で勝利。3年ぶり2度目の夏の甲子園決勝へと進んだのだった。

 決勝戦の相手は東海大浦安(千葉)。この試合も7回を終わって5‐6とリードされていたが、8回表に打者10人攻撃で一挙5得点。9回にも1点を追加し、終わってみれば毎回の20安打。11‐6の圧勝で夏2度目の全国制覇を果たしたのである。同校のこの大会のチーム打率4割1分3厘は当時の最高記録。初戦から6試合連続2ケタ安打をマークし、1大会通算100安打&11本塁打は現在でも大会記録となっている。まさに空前の猛打で20世紀最後の夏を彩ったのだった。ちなみにラッキーゾーンがあった時代の甲子園球場に当てはめたら、智弁和歌山が放ったチーム本塁打11本は24本にもなっていたという。

(高校野球評論家・上杉純也)=敬称略=

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
3
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!
4
日本代表GKが明かした「静岡名物監督」の激ヤバ破天荒「負けたら選手を罵倒した」
5
リーグ戦再開でも騒がしい「しんどいから今年で退任」阪神・岡田彰布監督の取り扱い問題