芸能

中山美穂 重くのしかかる「子供を捨てた母親」レッテル

 かつてのスーパーアイドル・中山美穂(48)は、14年にミュージシャンで小説家の辻仁成氏と離婚した。愛息の親権を放棄した離婚の真相を告白するや、主婦層からブーイングの嵐が。アラフィフとなった今、正念場を迎えているのだ。

 今や「子供を捨てた母親」のレッテルが重くのしかかり、中山からスターのオーラが消えつつある。女性誌記者が振り返る。

「離婚直後、中山はビューティー雑誌『美ST』で、家庭を捨てた理由について『好きな人と出会いました』と言い放ちました。音楽家のお相手、渋谷慶一郎氏(45)との交際には、所属事務所グループのトップも『別れなさい』と大反対していたのに突っ走った。そのため15年7月に歌手デビュー30周年記念のCD-BOXを発売した際も、周囲のバックアップ体制が盤石とならず、売り上げは伸びませんでした」

 ところが15年冬に渋谷氏と破局すると、中山は事務所に泣きつくことになる。

「育ての親でもある芸能界のドンに謝罪。バックアップを約束されると、しだいにメディアへの出演機会は増えました。17年4月には月9ドラマ『貴族探偵』(フジテレビ系)でメイド役を務めたり、お菓子メーカーのCMに起用された」(女性誌記者)

 今年5月には、主演映画「蝶の眠り」(KADOKAWA)も公開されたが──。

「大コケでした。年の差恋愛を描いた作品は中山の恋愛体質とダブり、女性層の反発を招いてしまった」(スポーツ紙芸能デスク)

 苦難の中山は、なんとか復活しようと模索を続けているのだという。

「昨年から『コンサートをやりたい』と話しているそうです。ボイストレーニングを続けていて、今年5月にはライブコンサートに参加し、92年のヒット曲『世界中の誰よりきっと』を18年ぶりに熱唱した。とはいえ声量不足は明白で、この秋もゲスト出演で数曲歌う程度だそうです」(女性誌記者)

 ドラマ主演にしても、高額なギャラがネックで、思ったほどオファーがないありさま。

「主演ドラマであれば、今でも1本200万円以上です。返り咲くためには、秋のドラマ『黄昏流星群』(フジ系)が試金石になる。主役は佐々木蔵之介で、妻役が中山、愛人役が黒木瞳。弘兼憲史氏の同名コミックといえば、熟年男女の最後の恋のストーリーで、濡れ場は見どころの一つです。視聴率低迷に陥るフジだけに、これまでになくリアリティにあふれたエロテッィクさを描きたいようです」(スポーツ紙芸能デスク)

 初心に帰って、デビュー作「毎度おさわがせします」(TBS系)のような「裸一貫艶技」が復活の近道かもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・渡会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
3
桑田真澄に「偉業を全て盗まれた」同級生の元バッテリー捕手が明かす「ほとんど完全試合」時代
4
「3Aで最多安打記録」巨人に新加入の外国人ヘルナンデスに「超不吉なデータ」
5
ラモス瑠偉「W杯惨敗サッカー日本代表コキ下ろし」に抗議電話15万5000件/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」