芸能

宮崎あおい、「東京ドラマアウォード」で出産後初登場で囁かれた“デキ婚疑惑”!

 10月25日に都内で開催された、海外に誇れる日本の魅力あるドラマを表彰する「東京ドラマアウォード2018」で、今年4月期放送のドラマ「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)が、作品賞・連続ドラマ部門でグランプリを獲得した。

 さらに同ドラマで主人公・春田創一を演じた田中圭が主演男優賞に、主人公に思いを寄せる“ヒロイン”・黒澤武蔵部長を演じた吉田鋼太郎が助演男優賞に輝いた。

 また最多受賞ドラマは、2年前の10月期に放送され、爆発的な人気を呼んだ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)の脚本家・野木亜紀子が通称・UDIラボで“不条理な死”と向き合い生きる人々を描いた今年1月期放送のドラマ「アンナチュラル」(TBS系)。作品賞・連続ドラマ部門優秀賞のほか、石原さとみが主演女優賞、野木亜紀子が脚本賞、塚原あゆ子が演出賞、制作チームが特別賞、米津玄師が主題歌賞(「Lemon」)を受賞。

 そして、単発ドラマ部門の作品賞グランプリは、2017年9月放送の宮崎あおいが葛飾北斎の娘・お栄を演じた「眩(くらら)~北斎の娘~」(NHK)が受賞した。宮崎は大泉洋と兄妹役で共演した今年6月放送「あにいもうと」(TBS系)でも同部門の優秀賞を受賞した。

「宮崎は今月16日にV6岡田准一との第1子出産報告後、初めての公の場でした。出産報告では『先日』生まれたとして出産日は非公表でしたが、出産直後とは思えないスレンダーな体型に、ネット上では『出産報告は10月16日だったけど、だいぶ早くに出産していたに違いない』『去年の12月に入籍したことから“デキ婚”ではないことを演出するために10月16日に出産報告をしただけでしょ』など、実は出産報告日よりかなり前に出産していたのではないか、と疑いの声が続出しているようです」(女性誌記者)

 昨年12月23日に結婚報告をした宮崎と岡田。デキ婚だったのか否か、真実は神のみぞ知る、ということか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
4
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
5
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白