スポーツ

羽生結弦が落胆!?ロシア大会で起きていた“プルシェンコに片思い”事件

 フィギュアスケートのGPシリーズロシア大会で、ケガを負いながらみごと優勝を果たした羽生結弦選手。今季のFSのプログラム「Origin」は、過去にロシアのエフゲニー・プルシェンコが演じて伝説的とも言われる「ニジンスキーに捧ぐ」をオマージュした作品となっている。今季のGPシリーズの出場大会にロシア大会を選んだのも、そんなロシアスケートへリスペクトを込めたものだという。

「今季は、自分のスケート人生の原点に戻るという意味を込めて、自身が子供の頃から影響を受けてきたジョニー・ウィアーとプルシェンコへのリスペクトを込めたプログラムとなっています。羽生選手も『ニジンスキーに捧ぐ』をベースにしたこの演目を演じるにあたり、オフシーズンのアイスショーの際、プルシェンコに許可をもらったと言われています。ところが、ここに来て、実はプルシェンコが羽生の伝えたかった意味をわかっていなかったとツイッターで話題になっているのです」(スポーツライター)

 羽生選手は、プルシェンコへのリスペクトを「ニジンスキーに捧ぐ」で表現したいと頼んだのだというが、快諾したほうのプルシェンコは、羽生選手もニジンスキーが好きであの演目をやりたいんだ、と勘違いしていたというのだ。

「ロシアのファンも、ロシア大会の前の報道で羽生選手の思いがニジンスキーではなく、プルシェンコへ向いていたことをようやく知ったようです。ロシアのファンにとっては特別な思いの詰まった演目ですからね。羽生選手がプルシェンコに対抗しているのではと疑問を持っていた人もいたようです」(前出・スポーツライター)

 今回の大会では、タチアナ・タラソワコーチを始め、羽生選手のゆかりのスケート関係者がリンクサイドで観戦していたりしたようだが、肝心のプルシェンコの姿は見えなかった。羽生選手がこの演目をわざわざロシア大会で演じる意味に気づいていたら、プルシェンコは会場に姿を見せていたかもしれない。誰からも愛される羽生選手だが、思いがけない片思いの様相を呈してしまったようだ。

(芝公子)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
千眼美子、台湾で見せた「肉体の激艶変化」に男性ファンが騒然!
2
鈴木愛らとバチバチ!「しぶこ」が同組で無視される“緊迫バトル”全貌とは?
3
日テレ水卜麻美、リバウンド指摘もファンから上がった「歓喜の声」!
4
デカすぎる!本田翼、美バスト披露でメイキング映像にアクセス殺到!
5
やっぱり出た!スカーレット「戸田恵梨香の女学生」に噴出した“苛烈不満”