芸能

上沼恵美子、「更年期障害」以上にブチ切れた「武智の一言」とは?

 12月2日の「M-1グランプリ2018」(テレビ朝日系)放送直後のインスタライブでの「暴言事件」が波紋を広げている。

 M-1審査員のひとりである上沼恵美子に対する暴言を放ったとされているのはとろサーモン・久保田かずのぶとスーパーマラドーナ・武智。

「酔ってるのを理由にして言いますけど、審査員の皆さん、もう自分の感情だけで審査するのやめてください」と切り出した久保田は次第にエスカレート。

 虚ろな目でカメラを睨みつけ「お笑いマニアの方は誰のことを言っているのか分かると思いますけど、お前だよ!わかるだろ?右側のな!クソが!」と審査員席で“右側”に座った上沼を指し、怒りを表明した。

 久保田の暴走に「右のおばはんには、みんなうんざりっすよ」と武智も便乗。

「『更年期障害か?』って思いますよ」と上沼を罵倒した。

 こうした暴言にネット上では批判が集まる中、上沼本人も激怒していると報じられているが、9日放送の「上沼・高田のクギズケ!」(読売テレビ)の中で、審査にはえこひいきはしていないとしたうえで久保田らについてこう話した。

「私は何とも思っておりません。暴言も全然結構です。悪いけど、興味ないです」

 ぎりぎりのところで大人の対応を見せていた。

 ところが、上沼のホンネについて「良かれと思ってやってきた審査員の仕事をボロクソに言われて、大ショックを受けられているんですよ」と明かすのは在阪キー局関係者だ。

 さらに「世間では武智の『更年期障害』発言がいちばん問題視されていますが、上沼さん本人が『最もショックで、最も激怒した』という言葉があるんです」(前出・関係者)という。その言葉とは‐。

「『売れるために審査員するんやったら辞めてほしいですよね。自分が売れるために』という武智の一言です。この発言に上沼さんは大激怒。『いちばん腹立った』と周囲に漏らされています。上沼さんが可愛がってきた後輩である武智が言い放ったわけですから、その怒りたるや計り知れないでしょう。上沼さんに近いスタッフのひとりも『武智を半殺しにしてやる』と言っていました」(前出・関係者)

 暴言の代償はやはり大きいようだ。

(白川健一)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
巨人・原監督、桑田コーチを招聘の裏にあの“大物球団OB”を巡る思惑が!?