スポーツ

日大タックル問題、前監督「容疑なし」が入学予定者に“深刻影響”与える!?

 昨年の日本大学アメリカンフットボール部員の悪質タックル問題で、2月5日、警視庁が「内田正人前監督、井上奨前コーチが明確な傷害の意図をもって指示したとは認められない」と結論づけたことが、今春の入学予定者に少なからず影響を与えそうだ。

 コトの発端は昨年5月6日の日大と関西学院大学の定期戦。日大の男子選手によれば、前日、井上コーチから「1プレー目から(相手の)QB(クオーターバック)を潰せば(試合に)出させてやる」と言われ、当日になり監督に「相手のQBを潰しに行くんで使ってください」と伝えると「やらなきゃ意味ないよ」と念を押された揚げ句、それを実践したという。結果、相手選手は負傷退場し、3週間のケガを負った。

「警視庁の結論は、内田氏と井上氏は完全に“シロ”で“タックルした選手が2人の指導を誤認した”と結論づけている。つまり日大の第三者委員会と関東学生アメリカンフットボール連盟規律委員会が出した“危険なタックルの指示があった”という調査報告、さらに、当のタックルした選手が記者会見などで話した内容などは、すべて否定されたことになります」(アメフト関係者)

 日大は騒動により、2018年度の助成金が35%カット、入学志願者も昨年同期から1万5000人減(1月末現在)。さらに内田氏の上司であった田中英壽理事長の“黒い交際”疑惑やら、チアリーディング部のパワハラ問題にまで飛び火した。

「警視庁の2人に対する“容疑なし”の発表は、大学側にとって非常にタイミングが悪いですよ。結局、あの騒ぎは何だったんだと蒸し返されるし、こんな状況では、日大に行こうという新入生が減るのは当然の話で、たとえ入試合格者であっても、逃げられてしまう可能性が高まったのではないか」(前出・アメフト関係者)

 内田氏の今後の“逆襲”ぶりも波風を立てそうな気配だ。

(津田昌平)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
2
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
3
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
4
「授かり婚」土屋太鳳にドラマ現場から「しばらく戻ってこなくていい」の声が出る理由
5
関西ラウンジママが悲痛激白…最強寒波で最も困る職業は「夜のホステスなんです」