スポーツ

日大タックル問題、前監督「容疑なし」が入学予定者に“深刻影響”与える!?

 昨年の日本大学アメリカンフットボール部員の悪質タックル問題で、2月5日、警視庁が「内田正人前監督、井上奨前コーチが明確な傷害の意図をもって指示したとは認められない」と結論づけたことが、今春の入学予定者に少なからず影響を与えそうだ。

 コトの発端は昨年5月6日の日大と関西学院大学の定期戦。日大の男子選手によれば、前日、井上コーチから「1プレー目から(相手の)QB(クオーターバック)を潰せば(試合に)出させてやる」と言われ、当日になり監督に「相手のQBを潰しに行くんで使ってください」と伝えると「やらなきゃ意味ないよ」と念を押された揚げ句、それを実践したという。結果、相手選手は負傷退場し、3週間のケガを負った。

「警視庁の結論は、内田氏と井上氏は完全に“シロ”で“タックルした選手が2人の指導を誤認した”と結論づけている。つまり日大の第三者委員会と関東学生アメリカンフットボール連盟規律委員会が出した“危険なタックルの指示があった”という調査報告、さらに、当のタックルした選手が記者会見などで話した内容などは、すべて否定されたことになります」(アメフト関係者)

 日大は騒動により、2018年度の助成金が35%カット、入学志願者も昨年同期から1万5000人減(1月末現在)。さらに内田氏の上司であった田中英壽理事長の“黒い交際”疑惑やら、チアリーディング部のパワハラ問題にまで飛び火した。

「警視庁の2人に対する“容疑なし”の発表は、大学側にとって非常にタイミングが悪いですよ。結局、あの騒ぎは何だったんだと蒸し返されるし、こんな状況では、日大に行こうという新入生が減るのは当然の話で、たとえ入試合格者であっても、逃げられてしまう可能性が高まったのではないか」(前出・アメフト関係者)

 内田氏の今後の“逆襲”ぶりも波風を立てそうな気配だ。

(津田昌平)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”