スポーツ

スポーツのアカデミー賞も受賞!大坂なおみ、快挙を支えたスポンサーのスゴさ

 2月18日(日本時間19日)、大坂なおみ選手が「スポーツ界のアカデミー賞」とも呼ばれ、世界のスポーツ界で活躍した個人や団体を表彰する「ローレウス・スポーツ賞」で「年間最優秀成長選手賞」を受賞した。ケガから復帰し五輪連覇を果たした羽生結弦は「年間最優秀復帰選手」にノミネートされていたが、惜しくも受賞を逃したこの賞での日本人受賞者は史上初。全米オープン、全豪オープンの優勝、そして世界ランク1位という快挙に続いての快挙となった。

 サーシャ・バインコーチとコンビ解消の深意が取りざたされるも、本人はいたってマイペースなようで、まさに順風満帆といったところだ。そしてここに至るまでには、本人の努力、チームのバックアップはもちろん、スポンサーの貢献も大きいのだという。

「大坂選手がまだ10歳のジュニア選手だった時代に、お母さんがアメリカからスポンサーになってほしいとラケットメーカーであるヨネックスの米山勉社長(当時)宛に手紙を書き、2008年からローカル契約、2014年に正式に契約しているんです。ヨネックス側は手紙をもらった後に、アメリカのスタッフにジュニアトーナメントを観戦させ、大いに有望だと判断してサポートを決めたそうです」(スポーツライター)

 そのヨネックスがすごいのは、選手との「スタンスの取り方」だという。

「大坂なおみ選手の時にも、試合をきちんと観戦して良さを理解してサポートしたように、丁寧で誠意が感じられるんです。テニスを愛する気持ちから、多くのジュニア世代にテニスの楽しさ、おもしろさをわかってほしいというスタンスで、多くのジュニア選手をサポートしています。その結果、ジュニア選手の約3分の1がヨネックスのラケットを使っているのだとか。ジュニア時代から使い慣れたラケットはそう簡単には変えないので、そこから活躍する選手が出てくれば、結果的にヨネックスを使う選手が増えることになる。それでいて、選手に対してスポンサー風を吹かすことなく、一定の距離を保っている点も好感が持てますね」(前出・スポーツライター)

 全米後、そして全豪後、ヨネックスの株価が一時的にアップしたという話も。まだまだ大坂選手の快進撃が続きそうなだけに、ヨネックスの株価は今後も要チェックかもしれない。

(伊藤その子)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
土屋太鳳、Gバストがくっついたり離れたり!弟・神葉に羨望の声が出た密着映像
2
芦田愛菜、ボディの“S字ライン”クッキリ急成長に「もう大人のオンナ」大絶賛
3
本田真凜に「大人のオンナ」指摘…宇野昌磨との関係も納得の“経験済み”進化
4
橋本環奈“Dバスト”がきつくて苦しい!?自ら明かした「肌着事情」
5
今田美桜、「バスト渓谷を露わ&超ミニ衣装」ブレイク前のレア映像にアクセス殺到!