スポーツ

スポーツのアカデミー賞も受賞!大坂なおみ、快挙を支えたスポンサーのスゴさ

 2月18日(日本時間19日)、大坂なおみ選手が「スポーツ界のアカデミー賞」とも呼ばれ、世界のスポーツ界で活躍した個人や団体を表彰する「ローレウス・スポーツ賞」で「年間最優秀成長選手賞」を受賞した。ケガから復帰し五輪連覇を果たした羽生結弦は「年間最優秀復帰選手」にノミネートされていたが、惜しくも受賞を逃したこの賞での日本人受賞者は史上初。全米オープン、全豪オープンの優勝、そして世界ランク1位という快挙に続いての快挙となった。

 サーシャ・バインコーチとコンビ解消の深意が取りざたされるも、本人はいたってマイペースなようで、まさに順風満帆といったところだ。そしてここに至るまでには、本人の努力、チームのバックアップはもちろん、スポンサーの貢献も大きいのだという。

「大坂選手がまだ10歳のジュニア選手だった時代に、お母さんがアメリカからスポンサーになってほしいとラケットメーカーであるヨネックスの米山勉社長(当時)宛に手紙を書き、2008年からローカル契約、2014年に正式に契約しているんです。ヨネックス側は手紙をもらった後に、アメリカのスタッフにジュニアトーナメントを観戦させ、大いに有望だと判断してサポートを決めたそうです」(スポーツライター)

 そのヨネックスがすごいのは、選手との「スタンスの取り方」だという。

「大坂なおみ選手の時にも、試合をきちんと観戦して良さを理解してサポートしたように、丁寧で誠意が感じられるんです。テニスを愛する気持ちから、多くのジュニア世代にテニスの楽しさ、おもしろさをわかってほしいというスタンスで、多くのジュニア選手をサポートしています。その結果、ジュニア選手の約3分の1がヨネックスのラケットを使っているのだとか。ジュニア時代から使い慣れたラケットはそう簡単には変えないので、そこから活躍する選手が出てくれば、結果的にヨネックスを使う選手が増えることになる。それでいて、選手に対してスポンサー風を吹かすことなく、一定の距離を保っている点も好感が持てますね」(前出・スポーツライター)

 全米後、そして全豪後、ヨネックスの株価が一時的にアップしたという話も。まだまだ大坂選手の快進撃が続きそうなだけに、ヨネックスの株価は今後も要チェックかもしれない。

(伊藤その子)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
動画で「加工疑惑」払拭!「元ブルゾンちえみ」藤原詩織がやせて美的に大進化
2
NHK赤木野々花が“タオル回し”で発揮した“放送事故”級「Fバスト弾み揺れ」
3
フジ堤礼実“肌着のヒモ見え”だけで大騒ぎになった人気と“期待値”
4
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
5
田中圭&武田玲奈「ボートレース」CM炎上も「指摘する人は欲求不満!?」の声