芸能

「松下奈緒なぶり」も!古田新太「俺スカ」好発進の決め手はストーリーと女優陣

 4月20日スタートの俳優・古田新太主演の連ドラ「俺のスカート、どこ行った?」(日本テレビ系)の初回の視聴率は10.9%だった。個性派俳優・古田新太が女装した同性好きというキャラの高校の国語教師役を演じるとあって、放送前から期待の声が多かったが、視聴率も好発進となった。

 SNSでも、〈コメディタッチの中にも、かなり今の常識を疑うということをしっかり教える教育的な面あり、かなり見どころ満載でした〉〈よく先生役とか良い人役が振りかざす「正義・熱血」とはまた違う、熱血的な感じ(笑)てか、久々にドラマ観た〉といった声が続々で、今から“どこ行った?”ブームが起きそうな勢い。芸能記者が言う。

「『俺のスカート──』は、“ダイバーシティ(多様性)”をモットーとする、いとうせいこう扮するある私立高校の校長に請われて、教師経験のない古田扮する『原田のぶお』が、何かと難癖をつけてくる小生意気盛りの高校生たちに、どう向き合っていくかが物語の肝。古田の見た目から、ついついコメディ要素が強いのかと思いきや、中身は至ってマジメ。原田の決して杓子定規でない発言が案外と的を射ていて、視聴者も拍手喝采するという感じで、最終的には最高視聴率40%台を叩き出した『半沢直樹』(TBS系)を彷彿させるスッキリ感さえありましたね」

 さらに生徒はもちろんこと、堅物な数学教師・長井あゆみに扮する松下奈緒とのやり取りも見物のひとつのようだ。

「長井が説く教育の理想論にも、『あなた、男いないでしょ?人肌に触れていないでしょ?』などと、ズケズケと直球で返す場面がいい。松下も教師役は今作で8回目ということで手慣れたもの。SNS上では《リアルに男いないんじゃね?》的な意見も聞かれるぐらいで、これまた気になる対決シーンが毎回観られそう。さらに、原田が帰宅して自分の娘と話す時には、メイクも落として話し方も普通の中年男性に姿に戻りますが、娘にはあまり頭が上がらない。そのギャップもいいアクセントになっていましたね」(前出・芸能記者)

 職場の同僚役ではほかに、物理教師に扮する荒川良々など曲者役者を多くそろえているが、世界史の教師役の乃木坂46・白石麻衣の、まさかの艶ネタ連呼も効果的なようで、ネット上は〈まいやんの衝撃発言やばいwww〉〈ぶっ飛んでる〉とこれまた大反響。先生同士との艶っぽい絡みも期待できる。脚本は、オリジナル作品で、今後どのような展開になっていくのか読めないワクワクさも手伝って、今後も10%台を維持しそうだ。

(島花鈴)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」
3
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」