芸能

「松下奈緒なぶり」も!古田新太「俺スカ」好発進の決め手はストーリーと女優陣

 4月20日スタートの俳優・古田新太主演の連ドラ「俺のスカート、どこ行った?」(日本テレビ系)の初回の視聴率は10.9%だった。個性派俳優・古田新太が女装した同性好きというキャラの高校の国語教師役を演じるとあって、放送前から期待の声が多かったが、視聴率も好発進となった。

 SNSでも、〈コメディタッチの中にも、かなり今の常識を疑うということをしっかり教える教育的な面あり、かなり見どころ満載でした〉〈よく先生役とか良い人役が振りかざす「正義・熱血」とはまた違う、熱血的な感じ(笑)てか、久々にドラマ観た〉といった声が続々で、今から“どこ行った?”ブームが起きそうな勢い。芸能記者が言う。

「『俺のスカート──』は、“ダイバーシティ(多様性)”をモットーとする、いとうせいこう扮するある私立高校の校長に請われて、教師経験のない古田扮する『原田のぶお』が、何かと難癖をつけてくる小生意気盛りの高校生たちに、どう向き合っていくかが物語の肝。古田の見た目から、ついついコメディ要素が強いのかと思いきや、中身は至ってマジメ。原田の決して杓子定規でない発言が案外と的を射ていて、視聴者も拍手喝采するという感じで、最終的には最高視聴率40%台を叩き出した『半沢直樹』(TBS系)を彷彿させるスッキリ感さえありましたね」

 さらに生徒はもちろんこと、堅物な数学教師・長井あゆみに扮する松下奈緒とのやり取りも見物のひとつのようだ。

「長井が説く教育の理想論にも、『あなた、男いないでしょ?人肌に触れていないでしょ?』などと、ズケズケと直球で返す場面がいい。松下も教師役は今作で8回目ということで手慣れたもの。SNS上では《リアルに男いないんじゃね?》的な意見も聞かれるぐらいで、これまた気になる対決シーンが毎回観られそう。さらに、原田が帰宅して自分の娘と話す時には、メイクも落として話し方も普通の中年男性に姿に戻りますが、娘にはあまり頭が上がらない。そのギャップもいいアクセントになっていましたね」(前出・芸能記者)

 職場の同僚役ではほかに、物理教師に扮する荒川良々など曲者役者を多くそろえているが、世界史の教師役の乃木坂46・白石麻衣の、まさかの艶ネタ連呼も効果的なようで、ネット上は〈まいやんの衝撃発言やばいwww〉〈ぶっ飛んでる〉とこれまた大反響。先生同士との艶っぽい絡みも期待できる。脚本は、オリジナル作品で、今後どのような展開になっていくのか読めないワクワクさも手伝って、今後も10%台を維持しそうだ。

(島花鈴)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
和田アキ子、「アッコにおまかせ!」スタッフを生放送中「大叱責」に称賛の声!
2
宮迫博之に「島田紳助」との「沖縄“闇”合体」情報が急浮上!
3
大丈夫なの?「万引き家族」地上波放送に心配の声が殺到するワケ
4
宮迫博之、「バイキングを全否定」発言で坂上忍と遺恨に発展か!?
5
「モヤさま」大江麻里子登場が際立たせる三村マサカズへの“キモイ!”酷評