芸能

後輩芸人も気を遣いまくり!? 櫻井翔も当初共演に怯えていた有吉弘行の存在感

 怯えてしまうのも無理はない!?

 嵐・櫻井翔が5月30日に放送されたバラエティ番組「櫻井・有吉THE夜会SP」(TBS系)に出演。番組でともにMCを務める有吉弘行に対する本音を語っている。同回では櫻井は妻夫木聡と佐藤隆太の3人との九州旅行の模様を放送。3人は20年来の親友ということもあって、そのプライベートトークもファン必見の内容となっていた、

 その中で妻夫木から「『夜会』っていつからやってるの?」といった質問があり、櫻井は「5年ぐらいかな」と回答。さらに佐藤からは「有吉さんとガッツリ(共演するの)は『夜会』が初めて?」「芸人さんと2人でMCやってくってなる時、緊張感とかないの」という質問を受けると、櫻井は「めっちゃ怖かったよ」と、有吉に恐怖心を抱いてたことを明かしている。

 続けて、「オレ、有吉さんの番組2~3録画して毎週見てたんだよね、(番組の)収録行く前に。どうやったら有吉さんとうまくできるのかなあと思って」と、有吉の出演番組を研究して、どうすると番組でうまい距離感で絡んでいけるかについても悩んでいたとのこと。

「長い付き合いにも関わらず、おたがいの連絡先を知らなかったりすることもあって、不仲説も一時は出ていた櫻井と有吉。やはり毒舌キャラということもあって、初対面ではどうしても絡みづらいイメージがある有吉ですから、櫻井が距離の詰め方に悩んでしまうのも無理はないでしょう。また、5月28日に放送されたバラエティ番組『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)では、有吉が所属事務所の若手芸人たちとの草野球に1度だけ参加したことがあるというエピソードが披露されていました。事務所の看板芸人ともいえる有吉が参加するとあって、有吉と仲が良い後輩芸人が他の後輩芸人に対して『絶対に目立とうとするな、野球に専念しろ、SNS投稿厳禁、有吉さんにケガをさせたら解雇』などといったお達しを事前にしていたりと、超厳戒態勢の中で行われたそうです。こういったお達しがあったことについては有吉も知らされておらず、若手たちがよそよそしかったと振り返っていましたが、有吉のことをよく理解している後輩がそういった配慮をすることを考えても、櫻井自身もどの程度、自分がボケていいのかなどわからなくなるでしょうね」(エンタメ誌ライター)

 ただ、番組の中では有吉が嵐のライブを初めて見に行く際に、差し入れに何を持っていくべきなのかといった相談を後輩の平成ノブシコブシの吉村崇にしていたというエピソードが吉村からも明かされていた。

 第一印象さえしっかりしていれば、しっかりと向き合ってくれるのが有吉ということのようだ。

(権田力也)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
菅野美穂、「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に続々不評の「イタいポイント」