芸能

伝説の「放送事故」50年の再現VTR<“艶”サプライズ篇>玉木宏が暴露した若手女優のある行動

 たとえ世界が明日終わってしまおうとも、今、目の前で“艶”サプライズがあれば凝視してしまう。男とはそんな生き物だ。

 14年10月7日、人気番組「踊る!さんま御殿!!」(日テレ系)にイケメン俳優の玉木宏(39)と千葉雄大(30)がゲスト出演。玉木が後輩の千葉を紹介する際に、衝撃の暴露をした。

「千葉君は、たまちんを揉まれるんですよ、女性に」

 驚いた明石家さんまが「ベテラン女優に?」と聞くと、千葉はこう答えた。

「いや、年下です。チーンって言って触られるんです」

 この日、2人から「年下の女性」は明らかにされなかったものの、共演歴や関係性を照合すると、その女優は川口春奈(24)で間違いないと意見が一致する。

「あれからしばらく、川口を見ると『揉まれたい』とエロい気持ちになりました。事故回というよりも神回でしたね」(織田氏)

 15年10月5日、TBSの朝番組「はやドキ!」で、お天気キャスターの福岡良子(32)が衝撃のデビューを飾っている。この日、番組に初めて登場した福岡は、元気いっぱいに吹き出し型のボードを使って天気のポイントを伝えようとする。

 ところが、元気がありすぎたのか、ボードの突端がスカートの裾に引っ掛かり、正面から思いっ切りめくれてしまう。

「まさか、パンチラどころか、パンモロと言っていい露出具合。しかも、早朝から黒のパンティを見せられるという衝撃にクラクラしました」(織田氏)

 残念ながら福岡は、わずか半年で「はやドキ!」を降板したが、現在はNHKに拠点を移して愛らしい姿を見せている。隠れ巨乳でもあるだけに、再び「エロい放送事故」を期待したいところだ。

 数々のエロ企画で男たちのオアシスとなった「トゥナイト2」(テレ朝系)は、今では信じられないような企画がめじろ押し。とりわけ、よくぞオンエアしたものだと絶賛されたのが、この企画だった。

〈猿のオナニーは、本当に死ぬまで続けるのか?〉

 このレポーターに選ばれたのは、Fカップのグラドル・しいなまお(41)だった。番組の期待に応え、猿はしいなの顔を見つめたまま、シコシコを始める。そしてあわや、しいなの顔面に‥‥というスリリングな展開に。

 番組史上、名場面のベストワンに推す声も多いが、間違いなく現在ではアウトな映像だろう。

 元「モーニング娘。」の石川梨華(34)は、09年10月9日の「バンバンバン」(TBS系)で、自慢の胸の谷間だけでなく、後ろ姿でも楽しませてくれた。

 番組では板東英二(79)とともに京都の山中でマツタケ狩りに興じたのだが、しゃがむたびにローライズのデニムパンツからお尻がくっきり。しかも、パンティが極小なのか、あるいはノーパンだったのか、お尻の割れ目も延々オンエア。

 お昼の14時台には刺激的すぎる生中継として、ネットが騒然となったものだ。

 最後は、Iカップのグラドル・相澤仁美(36)が、07年6月の「ゴッドタン」(テレビ東京系)で見せた渾身の一撃を。

「アイドルがファンの自宅で過激な恩返しをするという企画でした。相澤は目をつぶったファンに乳を寄せたり、顔面騎乗したり、やりたい放題。あの爆乳が明らかにファンの顔に乗っかっているし、グラドルの域を超えた過剰サービスでしたね」(織田氏)

 許される範囲の事故であろうか──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
2
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
3
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
4
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
5
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」