スポーツ

ビーチバレー界“ユサユサ姫”坂口佳穂を襲った「白い悪魔」とは?

 東京五輪・ビーチバレーのテストマッチでもあった「FIVBビーチバレーボールワールドツアー2019 4-star 東京大会」(7月28日最終日)で、日本勢が相次いで敗れる波乱が起きた。優勝候補の一角でもあった坂口佳穂・村上礼華組が予選で敗れた瞬間は衝撃が走った。

「敗因は『ベトナムの砂』ですよ。五輪本番を見据えた大会で、熱中症対策、選手とスタンドの距離、警備などの課題が実際にテストされていました。当然、試合開場に敷きつめられた『ベトナムの砂』も五輪本番で使われます」(体育協会詰め記者)

 ベトナム産の砂には、ある特徴が見られる。まず、白い。そして、きめが細かく、湿気を吸わないので軽い。そのため、地面が柔らかくなっていて、選手は足を取られてしまう。俊敏な動きはもちろん、ジャンプ力まで奪ってしまう。そのため、「白い悪魔」なんて異名もあるそうだ。

「男女を問わず、日本選手が課題としているのは、『高さ対策』です。通常の開場よりも踏ん張りの利かない砂の上だと、身長差で劣る日本選手はますます不利です」(前出・体協詰め記者)

 敗退後、推定Fカップで“ビーチバレーのユサユサ姫”と報じられたこともある坂口佳穂は「慣れれば、小柄な日本選手に有利だと思う」と語っていた。これまで海外選手の高さに苦しめられてきたので、彼らも思うようにジャンプできないと思っての発言だった。もっとも、日本勢もベトナムの砂の対応策を持っているわけではなかったが…。

「白いベトナム産の砂のせいで、まぶしくて試合が見づらいと思った観客も多かったみたいですね。ただ、近年、海外のビーチバレー会場ではベトナム産の砂がよく使われています。きめ細かな砂の上で俊敏な動きが要求されるので、選手の能力を見極められるからです」(関係者)

 テストマッチでの敗退は、日本勢に一抹の不安を残した。

 坂口はモデル経験も持つ美女アスリート。推定Fカップのナイスバディで、浅尾美和が活躍していた時代にはなかった胸元の“ユサユサ”が見られ、ビーチバレーにふたたびファンを呼び戻した注目選手でもある。五輪本番では勝ち上がってくれないと、テレビで観戦する視聴者もガッカリだろう。その意味でも、ここは奮起を期待したい。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
マツコが正解じゃん!?N国党・立花党首の「崎陽軒叩き」に横浜市民ブチ切れ
2
アレ、胸が…!? 宇垣美里、可憐なワンピース姿に世の男性たちが目を疑った理由
3
前と横、後ろから!土屋太鳳「Fカップボディをまるごと味わえる投稿」が大好評
4
土屋太鳳、絶賛相次ぐ“タオ胸”解禁行動で見えてきた「色香戦略の真意」とは?
5
やはり大きくなってる!ローラのバストが“超絶進化”していたッ