スポーツ

ビーチバレー界“ユサユサ姫”坂口佳穂を襲った「白い悪魔」とは?

 東京五輪・ビーチバレーのテストマッチでもあった「FIVBビーチバレーボールワールドツアー2019 4-star 東京大会」(7月28日最終日)で、日本勢が相次いで敗れる波乱が起きた。優勝候補の一角でもあった坂口佳穂・村上礼華組が予選で敗れた瞬間は衝撃が走った。

「敗因は『ベトナムの砂』ですよ。五輪本番を見据えた大会で、熱中症対策、選手とスタンドの距離、警備などの課題が実際にテストされていました。当然、試合開場に敷きつめられた『ベトナムの砂』も五輪本番で使われます」(体育協会詰め記者)

 ベトナム産の砂には、ある特徴が見られる。まず、白い。そして、きめが細かく、湿気を吸わないので軽い。そのため、地面が柔らかくなっていて、選手は足を取られてしまう。俊敏な動きはもちろん、ジャンプ力まで奪ってしまう。そのため、「白い悪魔」なんて異名もあるそうだ。

「男女を問わず、日本選手が課題としているのは、『高さ対策』です。通常の開場よりも踏ん張りの利かない砂の上だと、身長差で劣る日本選手はますます不利です」(前出・体協詰め記者)

 敗退後、推定Fカップで“ビーチバレーのユサユサ姫”と報じられたこともある坂口佳穂は「慣れれば、小柄な日本選手に有利だと思う」と語っていた。これまで海外選手の高さに苦しめられてきたので、彼らも思うようにジャンプできないと思っての発言だった。もっとも、日本勢もベトナムの砂の対応策を持っているわけではなかったが…。

「白いベトナム産の砂のせいで、まぶしくて試合が見づらいと思った観客も多かったみたいですね。ただ、近年、海外のビーチバレー会場ではベトナム産の砂がよく使われています。きめ細かな砂の上で俊敏な動きが要求されるので、選手の能力を見極められるからです」(関係者)

 テストマッチでの敗退は、日本勢に一抹の不安を残した。

 坂口はモデル経験も持つ美女アスリート。推定Fカップのナイスバディで、浅尾美和が活躍していた時代にはなかった胸元の“ユサユサ”が見られ、ビーチバレーにふたたびファンを呼び戻した注目選手でもある。五輪本番では勝ち上がってくれないと、テレビで観戦する視聴者もガッカリだろう。その意味でも、ここは奮起を期待したい。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「全裸監督」に続く!?松本まりか主演“前貼りなし”過激作品に期待の声
2
三吉彩花、ちょっと動いたらバストがこぼれそう!心配の声も出たジッパー衣装
3
沢口靖子「科捜研の女」“打ち切り”報道で密かに喜ぶ人の「意外な理由」
4
広瀬すず、「“バスト突出”タンクトップ姿」で飛び交ったファンの期待!
5
テレ朝・森川夕貴、「夕方の顔」でバストより注目の“テーブル下”下半身ゾーン