スポーツ

ビーチバレー界“ユサユサ姫”坂口佳穂を襲った「白い悪魔」とは?

 東京五輪・ビーチバレーのテストマッチでもあった「FIVBビーチバレーボールワールドツアー2019 4-star 東京大会」(7月28日最終日)で、日本勢が相次いで敗れる波乱が起きた。優勝候補の一角でもあった坂口佳穂・村上礼華組が予選で敗れた瞬間は衝撃が走った。

「敗因は『ベトナムの砂』ですよ。五輪本番を見据えた大会で、熱中症対策、選手とスタンドの距離、警備などの課題が実際にテストされていました。当然、試合開場に敷きつめられた『ベトナムの砂』も五輪本番で使われます」(体育協会詰め記者)

 ベトナム産の砂には、ある特徴が見られる。まず、白い。そして、きめが細かく、湿気を吸わないので軽い。そのため、地面が柔らかくなっていて、選手は足を取られてしまう。俊敏な動きはもちろん、ジャンプ力まで奪ってしまう。そのため、「白い悪魔」なんて異名もあるそうだ。

「男女を問わず、日本選手が課題としているのは、『高さ対策』です。通常の開場よりも踏ん張りの利かない砂の上だと、身長差で劣る日本選手はますます不利です」(前出・体協詰め記者)

 敗退後、推定Fカップで“ビーチバレーのユサユサ姫”と報じられたこともある坂口佳穂は「慣れれば、小柄な日本選手に有利だと思う」と語っていた。これまで海外選手の高さに苦しめられてきたので、彼らも思うようにジャンプできないと思っての発言だった。もっとも、日本勢もベトナムの砂の対応策を持っているわけではなかったが…。

「白いベトナム産の砂のせいで、まぶしくて試合が見づらいと思った観客も多かったみたいですね。ただ、近年、海外のビーチバレー会場ではベトナム産の砂がよく使われています。きめ細かな砂の上で俊敏な動きが要求されるので、選手の能力を見極められるからです」(関係者)

 テストマッチでの敗退は、日本勢に一抹の不安を残した。

 坂口はモデル経験も持つ美女アスリート。推定Fカップのナイスバディで、浅尾美和が活躍していた時代にはなかった胸元の“ユサユサ”が見られ、ビーチバレーにふたたびファンを呼び戻した注目選手でもある。五輪本番では勝ち上がってくれないと、テレビで観戦する視聴者もガッカリだろう。その意味でも、ここは奮起を期待したい。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、「美人になった!」称賛の一方で“意外に大きい”バストの評判
2
藤田ニコル、「年会費180万円マー君クラブVIP」への本音発言が賛否真っ二つ
3
タモリが語った「生活習慣の変化」と昔“バカにしていた”相手の実名!
4
日テレ滝菜月、リンボーダンスの“ぷっくり下腹部ライン”にファン妄想爆発!
5
深田恭子、「UQ三姉妹」新CMで圧巻バストがさらに際立って見える理由!