芸能

その瞬間を見たい! 山本彩、自宅でのカップラーメンの食べ方が刺激的すぎるッ

 妄想してしまった時に思わずニヤついてしまうのも無理はなし?

 元NMB48で歌手の山本彩が9月13日深夜に放送されたラジオ番組「山本彩 カケル」(CROSS FM)に出演。自宅でカップラーメンを食べる際、何とも“男らしい”食べ方をしていることを明かしている。

 東京にある自宅で一人暮らしを始め、5~6年経つという山本だが、大所帯グループを巣立った後も全国ツアーや各地のロックフェスに出演するなど、嬉しいことに多忙な日々が続いているようだ。

 そんな山本にリスナーからは、多忙な中でも一人暮らしで家事をしっかりこなしているのかといった質問が寄せられており、それに山本は「ぶっちゃけ、自炊はそんなにしないです」と回答。何でも、スタジオにこもったりと、やはり仕事メインの生活となっているため、コンビニ弁当で済ませることが多いのだとか。

 また、一人暮らしについては、自分1人のため、何をしていても誰かにあれこれ言われることがないため、とにかく楽だと主張。そのうえで「カップラーメンとかよく食べるんです。大好きなんですけど」と切り出し、「(汁などが)飛んでもいいようにお風呂入る前に…」としたうえで、上半身マッパの状態のままで、「カップラーメン食べて、そのままお風呂に入るみたいなぐらいの感じですよ。服を汚さないようにね」と驚きの告白をしていた。

 山本も自身の食べ方が普通ではないことは自覚しているようで「ズボラですよね。イヤですよね、こんな26歳の女性なんて」と自虐的に話していたが、これにファンからは「その絶景を一度見てみたい。絶対見とれてしまうだろうな」「うーん、聴いただけではよく伝わってこないので、今度一回見せてください」「国民的アイドルグループでセンターを張っていたのに、そういうおっさんぽいギャップがたまらんな」「汁が胸の敏感な部分に飛んできた時はどういったリアクションをするのか見てみたい」など、妄想全開のコメントが見られたりと、ファンたちも大盛り上がりのようだ。

「山本といえば、アイドルという職業柄を考えて、衣装から透けても大丈夫なようにと、肌着はベージュの1種類だけを30着ほど所有するなど、プロ意識が高く、自身の見え方はあまり気にしないタイプ。そんな山本ですから、誰にも迷惑をかけていない1人の状態ではより見え方を気にせず、合理性を重視するのも納得です。ただ、山本と言えば、豊かなバストの持ち主であり、今までも写真集や雑誌などで水着姿を披露し、幾度となくファンたちを魅了しています。そんな山本が上半身マッパでカップラーメンをすする姿をファンが妄想した時、ニヤけてしまうのは無理もないでしょう」(エンタメ誌ライター)

 次回の写真集ではぜひ、可能な範囲で上半身を肌見せしつつ、カップラーメンを食べるカットを用意することをオススメしたい。

(権田力也)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「タピオカ騒動」木下優樹菜、一転謝罪も指摘される「ファンに『黙れ』」過去!
2
巨人・鈴木尚広、阿部慎之助よりこっ恥ずかしい「重婚報道」にドン引きの声
3
批判覚悟?田中圭が「おっさんずラブ」続編から降板しなかった理由
4
桑子真帆を筆頭にNHK勢が躍進のヒミツ/「女子アナランキング」考察(下)
5
木下優樹菜「恫喝DM騒動」で「数千万規模の違約金発生の可能性」証言!