芸能

朝日奈央が“最も芸人に狙われるタレント”に進化した6つの理由!

 今や最もテレビで見るバラエティタレントとして人気を博しているのが、元アイドリング!!!の朝日奈央だ。「2019上半期ブレイクタレント」(ニホンモニター調べ)では、この1年で出演番組が65本増加して10位にランクイン。上半期だけで111本もの番組に出演していたという。

「アイドリング!!!出身者では菊地亜美の一強時代が続いていましたが、昨年2月に結婚したことで芸能活動を縮小。今では『元アイドリング!!!』といえば朝日のことになっています。しかも彼女はアイドルになる前からローティーン誌のモデルを務めるなど、ルックスの良さも魅力の一つ。それに加えて師匠とあがめるバカリズムの薫陶を受け、NGなしを持ち味とする高いバラエティ対応力は現場受けも最高で、企画会議でも真っ先に名前のあがる存在として重宝されているのです」(エンタメ誌ライター)

 8月17日放送の「有吉反省会」(日本テレビ系)では、MCの有吉弘行に「朝日奈央みたいな弟子が欲しい…」とまで言わしめたのは記憶に新しいところ。そんな快進撃中の朝日を巡り、師匠のバカリズムですら思いもよらなかったであろう、「ある変化」が生じているというのだ。前出のエンタメ誌ライターがささやく。

「アイドル時代の朝日はバカリズムから常に“少年扱い”されていました。ショートカットとささやかすぎる胸のため、性を感じさせるタイプではなかったのです。それゆえ艶ネタを演じても妙にいやらしくなることがなく、バラエティ番組での使いやすさにつながっているのですが、さすがに25歳という大人の女性に成長したことで最近、少し艶っぽさが出てきたともっぱらの評判。そこで色めき立っているのが番組で共演する芸人たちだというのです。朝日は女優業への関心を示しておらず、イケメン俳優たちと接する機会もほとんどないため、芸人たちはこぞって『オレが朝日を落とす!』と息巻いているのだとか。おかげで制作陣からも共演者からも求められるという、タレントとしては絶好のポジションを確保できています」

 業界では「彼女の悪口を言う人を見たことがない」と評されるほど人気者の朝日。そんな朝日を落とす男はいったいどこから現れるのだろうか。

(浦山信一)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
2
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身
3
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
4
石毛宏典が放った“落合博満監督はなぜ大打者を作れなかったのか?”大疑問
5
芦田愛菜、「難関私立中」複数合格の「神童」女優が今抱く“野望”とは?