芸能

朝日奈央が“最も芸人に狙われるタレント”に進化した6つの理由!

 今や最もテレビで見るバラエティタレントとして人気を博しているのが、元アイドリング!!!の朝日奈央だ。「2019上半期ブレイクタレント」(ニホンモニター調べ)では、この1年で出演番組が65本増加して10位にランクイン。上半期だけで111本もの番組に出演していたという。

「アイドリング!!!出身者では菊地亜美の一強時代が続いていましたが、昨年2月に結婚したことで芸能活動を縮小。今では『元アイドリング!!!』といえば朝日のことになっています。しかも彼女はアイドルになる前からローティーン誌のモデルを務めるなど、ルックスの良さも魅力の一つ。それに加えて師匠とあがめるバカリズムの薫陶を受け、NGなしを持ち味とする高いバラエティ対応力は現場受けも最高で、企画会議でも真っ先に名前のあがる存在として重宝されているのです」(エンタメ誌ライター)

 8月17日放送の「有吉反省会」(日本テレビ系)では、MCの有吉弘行に「朝日奈央みたいな弟子が欲しい…」とまで言わしめたのは記憶に新しいところ。そんな快進撃中の朝日を巡り、師匠のバカリズムですら思いもよらなかったであろう、「ある変化」が生じているというのだ。前出のエンタメ誌ライターがささやく。

「アイドル時代の朝日はバカリズムから常に“少年扱い”されていました。ショートカットとささやかすぎる胸のため、性を感じさせるタイプではなかったのです。それゆえ艶ネタを演じても妙にいやらしくなることがなく、バラエティ番組での使いやすさにつながっているのですが、さすがに25歳という大人の女性に成長したことで最近、少し艶っぽさが出てきたともっぱらの評判。そこで色めき立っているのが番組で共演する芸人たちだというのです。朝日は女優業への関心を示しておらず、イケメン俳優たちと接する機会もほとんどないため、芸人たちはこぞって『オレが朝日を落とす!』と息巻いているのだとか。おかげで制作陣からも共演者からも求められるという、タレントとしては絶好のポジションを確保できています」

 業界では「彼女の悪口を言う人を見たことがない」と評されるほど人気者の朝日。そんな朝日を落とす男はいったいどこから現れるのだろうか。

(浦山信一)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「タピオカ騒動」木下優樹菜、一転謝罪も指摘される「ファンに『黙れ』」過去!
2
巨人・鈴木尚広、阿部慎之助よりこっ恥ずかしい「重婚報道」にドン引きの声
3
批判覚悟?田中圭が「おっさんずラブ」続編から降板しなかった理由
4
桑子真帆を筆頭にNHK勢が躍進のヒミツ/「女子アナランキング」考察(下)
5
木下優樹菜「恫喝DM騒動」で「数千万規模の違約金発生の可能性」証言!