芸能

朝日奈央が“最も芸人に狙われるタレント”に進化した6つの理由!

 今や最もテレビで見るバラエティタレントとして人気を博しているのが、元アイドリング!!!の朝日奈央だ。「2019上半期ブレイクタレント」(ニホンモニター調べ)では、この1年で出演番組が65本増加して10位にランクイン。上半期だけで111本もの番組に出演していたという。

「アイドリング!!!出身者では菊地亜美の一強時代が続いていましたが、昨年2月に結婚したことで芸能活動を縮小。今では『元アイドリング!!!』といえば朝日のことになっています。しかも彼女はアイドルになる前からローティーン誌のモデルを務めるなど、ルックスの良さも魅力の一つ。それに加えて師匠とあがめるバカリズムの薫陶を受け、NGなしを持ち味とする高いバラエティ対応力は現場受けも最高で、企画会議でも真っ先に名前のあがる存在として重宝されているのです」(エンタメ誌ライター)

 8月17日放送の「有吉反省会」(日本テレビ系)では、MCの有吉弘行に「朝日奈央みたいな弟子が欲しい…」とまで言わしめたのは記憶に新しいところ。そんな快進撃中の朝日を巡り、師匠のバカリズムですら思いもよらなかったであろう、「ある変化」が生じているというのだ。前出のエンタメ誌ライターがささやく。

「アイドル時代の朝日はバカリズムから常に“少年扱い”されていました。ショートカットとささやかすぎる胸のため、性を感じさせるタイプではなかったのです。それゆえ艶ネタを演じても妙にいやらしくなることがなく、バラエティ番組での使いやすさにつながっているのですが、さすがに25歳という大人の女性に成長したことで最近、少し艶っぽさが出てきたともっぱらの評判。そこで色めき立っているのが番組で共演する芸人たちだというのです。朝日は女優業への関心を示しておらず、イケメン俳優たちと接する機会もほとんどないため、芸人たちはこぞって『オレが朝日を落とす!』と息巻いているのだとか。おかげで制作陣からも共演者からも求められるという、タレントとしては絶好のポジションを確保できています」

 業界では「彼女の悪口を言う人を見たことがない」と評されるほど人気者の朝日。そんな朝日を落とす男はいったいどこから現れるのだろうか。

(浦山信一)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
神田愛花、日村が心配!体臭好き“下半身奇行”にドン引きの声
2
吉岡里帆、“バストがFから縮小”疑惑写真で逆に「脱いだらスゴイ」妄想できる!?
3
一緒に映ったらまさか…河北麻友子が親友・桐谷美玲に動画で“公開処刑”!?
4
美女アナ 朝っぱら情報番組「後継レース」(3)NHK・桑子真帆は結婚で退社?
5
太川陽介、新「バス旅」で冴え渡った独壇場“乗り継ぎテク”