芸能

「YouTuber宣言」坂口杏里、“炎上系”同業者の動画ネタに反応で道が拓ける?

 落ちるところまで落ちたからこそ、もう手段は選んでいられない?

 元交際相手の自宅マンションに無断で侵入したとして8月28日に逮捕(9月11日に不起訴処分)された坂口杏里。坂口は謝罪に合わせてYouTubeチャンネルを開設。この謝罪動画がわずか数日で35万再生を突破したことで味をしめたのか、9月12日には〈【挨拶】坂口杏里はyoutuberになります。〉と題した動画を上げ、YouTuberとして活動していくことを宣言している。

 また、翌13日に投稿した動画では、炎上系YouTuberのシバターからの提案に対する返事をして、話題になっている。

「シバターは不貞騒動や犯罪など、世間的にマイナスイメージとなる過ちを犯してしまった芸能人に復帰の場を与えるという意味で、自身のフィールドでもあるパチンコ・スロットの仕事を一緒にやろうと提案するメッセージ動画を投稿するのが恒例となっています。今回も坂口の2度目の逮捕を受け、『また逮捕された坂口杏里を救いたい』という動画をアップ。シバターは動画冒頭から『杏里…杏里…杏里…坂口杏里…お前何やってんだよ』とやさしい口調で呼びかけ、最終的にはパチスロ営業の話を持ち掛けるという動画になっています」(エンタメ誌ライター)

 しかし、このシリーズは一応はその芸能人に向けてのメッセージ動画という建前ではあるものの、今まで動画に取り上げられた芸能人でその話を受けたものはゼロ。それどころか、基本的には誰も返信をしたことがないため、坂口が返事をしたことに、シバターファンの間ではちょっとした話題になっているようだ。

「シバター自身も視聴者にウケることだけを目的にしての完全にネタ動画としてアップしており、今回も坂口にオファーを受けてほしいという気はまったく感じられず、坂口に『肌が汚くて、お金にだらしない。そんな奴が必要なんだ』と思いっきりバカにしていました。そんな動画に対して、坂口は取り上げてくれたことに感謝を伝えつつ『お誘いいただいたこともすごく嬉しいのですが、今やらなくちゃいけないことが山ほどあるので、お断りさせていただきます』と、パチスロ営業のオファーを丁重に断っています。最後には『お会いする機会があった時は、喝を入れてやってください。よろしくお願いします』と、シバターに呼び掛けています」(前出・エンタメ誌ライター)

 シバターのこのオファーに対して、返信があることはかなり異例とあって、ネット上では「シバターの挑発動画にわざわざ返信してるヤツ初めて見た」「シバターは救いたいだけで救えた事ないんだよ」「もう落ちるところまで落ちたな」「アンタじゃしゃべりもヘタだからYouTuberは無理だよ」など、小馬鹿にする声ばかりが目立っている。

 しかし、このシバターとのコラボが実現できれば、「坂口がYouTuberとして成功するかも」といった指摘をするのがITライターだ。さらにこう続ける。

「坂口がリアクションしてきたことに一番驚いているのはシバター自身でしょう。それに坂口は“天性の炎上スキル”を持っていますから、シバターも再度真剣に別仕事のオファーをお願いしたり、動画での共演を依頼するといった、さらなるアクションを起こしてくる可能性も十分にあるはず。坂口のチャンネルの登録者数は2400人ほどですが、シバターは登録者数約104万人を誇る炎上系YouTuberの先駆け。コラボでもして、シバターから炎上のノウハウを教わると炎上のポテンシャルは十分な坂口であれば、とんでもない炎上動画を作ることができるかもしれません」

 ただ、今後はアンチがさらに増え、今まで以上に誹謗中傷を浴びることは目に見えている。YouTuberとして成功を収めるのはそう簡単な道ではないのは確かなだけに、辛いと感じた時には自身が精神的にしんどくなる前に潔く撤退するという判断も早めに下したほうが自身のためでは?

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?
2
日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!
3
剛力彩芽、旅の宿で「あわや放送事故」な“ショーパン奥見え”で好感度急騰!
4
「Gバスト」寺本莉緒のカレンダーに「ハライチ岩井がうらやましい」嫉妬の嵐!
5
芳根京子、「ベッドでの“事後”で見せた貴重なバスト渓谷」にファンがクギ付け!