芸能

蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(終)中越典子の前代未聞の顔面“白濁液”シーン

 朝ドラ100本目の記念作品ということで、歴代ヒロインの豪華共演が話題となった「なつぞら」。そんな中、今も現役で活躍しながら出演を果たさなかった女優たちの艶演技を振り返る本シリーズ。

 第8代「リハウスガール」として注目され、2001年「ほんまもん」のヒロインを務めた池脇千鶴も、気づけば37歳になっている。

「一時は国民的人気を誇りましたが、無名のお笑い芸人との熱愛で失速。04年の映画『ジョゼと虎と魚たち』では、妻夫木聡とのベッドシーンで完脱ぎを果たし、推定Bカップの控えめバストを御開帳してくれました。これが“残念バスト”やら“薄幸なカラダ”と言われてしまいましたが、演技力は今も評価が高く、派手な話題はないものの気鋭のクリエイターに“仕事をしたい”と思わせる女優の一人となっています」(映画関係者)

 今や“こじらせ毒舌おばさん”としてバラエティ番組でも活躍中の遠野なぎこも、1999年「すずらん」のヒロインで、その3年後の映画「海は見ていた」では、遊女役で初脱ぎを披露してくれた。

「Aカップのペタペタバストでしたが、白い肌の美しさは素晴らしかったですね」(映画ライター)

 03年「こころ」のヒロインを務めた中越典子は、完脱ぎこそ見せていないが、06年の映画「ストロベリーショートケイクス」での絡みシーンで、なんと男性の白濁液を顔に決められてしまう。

「清純派女優の登竜門である朝ドラヒロイン出身者が、そんな場面を引き受けるのかと、当時は大きな話題になりましたね。14年に俳優の永井大と結婚。2児の母となって仕事はセーブ中です」(芸能記者)

 彼女たちが、ふたたび朝ドラでその実力を見せてくれることを願おう。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
巨人・原監督、桑田コーチを招聘の裏にあの“大物球団OB”を巡る思惑が!?