芸能

蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(終)中越典子の前代未聞の顔面“白濁液”シーン

 朝ドラ100本目の記念作品ということで、歴代ヒロインの豪華共演が話題となった「なつぞら」。そんな中、今も現役で活躍しながら出演を果たさなかった女優たちの艶演技を振り返る本シリーズ。

 第8代「リハウスガール」として注目され、2001年「ほんまもん」のヒロインを務めた池脇千鶴も、気づけば37歳になっている。

「一時は国民的人気を誇りましたが、無名のお笑い芸人との熱愛で失速。04年の映画『ジョゼと虎と魚たち』では、妻夫木聡とのベッドシーンで完脱ぎを果たし、推定Bカップの控えめバストを御開帳してくれました。これが“残念バスト”やら“薄幸なカラダ”と言われてしまいましたが、演技力は今も評価が高く、派手な話題はないものの気鋭のクリエイターに“仕事をしたい”と思わせる女優の一人となっています」(映画関係者)

 今や“こじらせ毒舌おばさん”としてバラエティ番組でも活躍中の遠野なぎこも、1999年「すずらん」のヒロインで、その3年後の映画「海は見ていた」では、遊女役で初脱ぎを披露してくれた。

「Aカップのペタペタバストでしたが、白い肌の美しさは素晴らしかったですね」(映画ライター)

 03年「こころ」のヒロインを務めた中越典子は、完脱ぎこそ見せていないが、06年の映画「ストロベリーショートケイクス」での絡みシーンで、なんと男性の白濁液を顔に決められてしまう。

「清純派女優の登竜門である朝ドラヒロイン出身者が、そんな場面を引き受けるのかと、当時は大きな話題になりましたね。14年に俳優の永井大と結婚。2児の母となって仕事はセーブ中です」(芸能記者)

 彼女たちが、ふたたび朝ドラでその実力を見せてくれることを願おう。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
2
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
3
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
4
原監督が10年越しで“約束”を果たした「あのFA左腕」入団の裏側
5
芦田愛菜「16歳」のマルモリ野望(1)大手進学塾でトップクラス