芸能

蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(終)中越典子の前代未聞の顔面“白濁液”シーン

 朝ドラ100本目の記念作品ということで、歴代ヒロインの豪華共演が話題となった「なつぞら」。そんな中、今も現役で活躍しながら出演を果たさなかった女優たちの艶演技を振り返る本シリーズ。

 第8代「リハウスガール」として注目され、2001年「ほんまもん」のヒロインを務めた池脇千鶴も、気づけば37歳になっている。

「一時は国民的人気を誇りましたが、無名のお笑い芸人との熱愛で失速。04年の映画『ジョゼと虎と魚たち』では、妻夫木聡とのベッドシーンで完脱ぎを果たし、推定Bカップの控えめバストを御開帳してくれました。これが“残念バスト”やら“薄幸なカラダ”と言われてしまいましたが、演技力は今も評価が高く、派手な話題はないものの気鋭のクリエイターに“仕事をしたい”と思わせる女優の一人となっています」(映画関係者)

 今や“こじらせ毒舌おばさん”としてバラエティ番組でも活躍中の遠野なぎこも、1999年「すずらん」のヒロインで、その3年後の映画「海は見ていた」では、遊女役で初脱ぎを披露してくれた。

「Aカップのペタペタバストでしたが、白い肌の美しさは素晴らしかったですね」(映画ライター)

 03年「こころ」のヒロインを務めた中越典子は、完脱ぎこそ見せていないが、06年の映画「ストロベリーショートケイクス」での絡みシーンで、なんと男性の白濁液を顔に決められてしまう。

「清純派女優の登竜門である朝ドラヒロイン出身者が、そんな場面を引き受けるのかと、当時は大きな話題になりましたね。14年に俳優の永井大と結婚。2児の母となって仕事はセーブ中です」(芸能記者)

 彼女たちが、ふたたび朝ドラでその実力を見せてくれることを願おう。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉岡里帆が「亀の頭チラッと見せ」ショットを公開!意味深すぎて男子騒然
2
梅宮辰夫の電話番号を消す和田アキ子に「意味がわからない」大ブーイング!
3
木村拓哉、「グランメゾン東京」でのセリフが“違和感”放っちゃった理由!
4
あのコンビが原因?とろサーモン久保田が上沼恵美子にキレた本当の理由
5
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは