芸能

坂口杏里、新たな現金100万円贈呈企画に応募も「当選させちゃダメ」声の真意!

 当選されてしまうのは彼女のためにならない?

 坂口杏里がふたたび100万円寄付企画に応募したことで注目を集めている。

 坂口は“青汁王子”こと三崎優太氏が、先月、自身のツイッターで行った100万円を180名に現金で寄付するという企画に応募。三崎氏は当選者を抽選ではなく、みずから決める方法を取っていたこともあり、三崎氏は坂口に「あなたみたいな日本を代表するクズには当選させてあげないといけません。元ホストとして歌舞伎町でシャンパンを入れて全部泡にかえてくれると幸いです」とコメント。坂口はみごと当選を勝ち取っている。

 今回は三崎氏からバトンを受け継いだアパレルブランドのCEOが、100万円を100人にプレゼントする総額1億円の寄付企画を実施したわけだ。が、前回の当選ですっかり味を占めた坂口は「坂口杏里です!」とアピール。さっそく応募している。

 前回は有名人パワーが炸裂したことが当選の決め手となったわけだが、ふたたびの寄付企画の応募に世間からは「この人にお金を渡してもホスト遊びに使うだけ」「杏里ちゃんのお母さんのファンです。彼女のために当選させないで」「坂口は100万稼ぐのにどれだけ苦労するのかわかってない」「地に足をつけて、自分でしっかり働きお金の価値という物を理解しないとダメ」など、今度こそ坂口を当選させないでほしいという声が目立っている。

「坂口は、謝罪動画でアクセス数を稼げたことで安易な感じでYouTuberを始めてみたり、夜の接客業では負傷中でサービスができないため、急きょ、会話を楽しむおしゃべりコース3万円のプランを誕生させたりと、楽をしてお金を稼ごうとしている感が否めません。最近ではライブハウスで行われたイベントで物販ブースを設け、自身の使用済みリップクリームや香水を4~5万で売ったりと、とにかくやることがせこい。そんな坂口は昨年末から夜の接客業をやめると宣言しています。だからこそ、一度、元芸能人を売りにした仕事を離れ、一般的な労働で汗水流して働いて、賃金を得ることでお金の価値を知ることが更生の第1歩ではないでしょうか。もし元芸能人というだけで2度も100万円に当選してしまうと、さらに坂口の金銭感覚が狂い、ダメになってしまうと心配する人が多いようです」(エンタメ誌ライター)

 どうか天国の母を安心させてあげてほしいところだ。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「タピオカ騒動」木下優樹菜、一転謝罪も指摘される「ファンに『黙れ』」過去!
2
巨人・鈴木尚広、阿部慎之助よりこっ恥ずかしい「重婚報道」にドン引きの声
3
批判覚悟?田中圭が「おっさんずラブ」続編から降板しなかった理由
4
桑子真帆を筆頭にNHK勢が躍進のヒミツ/「女子アナランキング」考察(下)
5
木下優樹菜「恫喝DM騒動」で「数千万規模の違約金発生の可能性」証言!