芸能

どぶろっくの「大きなイチモツ」男が隠したい黒歴史!

 下なネタ全開で革新をとげた「キングオブコント2019」。第12代キングは、どぶろっくだ。TBS系列の全国生放送という大舞台で、「大きなイチモツをください」と歌唱しつづけた江口直人。コンプライアンス問題が年々厳しくなり、地上波では芸人が本来持っている力を発揮できない由々しき状況が続くなか、どぶろっくが貫いた信念は、お笑いマニアを感心させた。

 どぶろっくが、「もしかしてだけど~」のメロディに乗せて、哀しい男の妄想を歌ネタにしたのは13年。またたくまに売れっ子芸人の仲間入りを果たし、同年末には、「中学生が選ぶ好きな芸人ランキング」で堂々トップを獲得した。年間の営業本数も、それまで盤石の1位をキープしていたテツandトモを抜いて、初の1位に躍り出ている。

 しかし、シングル、アルバム、ミュージックDVDもリリースして脂が乗っていた14年、江口の無知がとんでもない災難を招いてしまう。

「7月、特定外来生物のカミツキガメを無許可で飼育していたことが、外来種被害防止法違反にひっかかって、書類送検されたのです。それも、当時住んでいたマンションの9階の自宅ベランダからカメが転落してバレるという運の悪さでした」(週刊誌記者)

 カメは、体長27cmで体重5kg。ベランダのタライの中で飼育されており、大雨の日に脱出して、1階店舗の日よけを貫通して、地面に落ちた。

「後日、所属事務所が発表したところによると、そのカメはおよそ13年前から飼っていたということでした。大きな塊だけに、負傷者が出なかったのは不幸中の幸い。通行人が『カメが空から降ってきた』と交番に通告したことで、発覚しました」(前出・週刊誌記者)

 カメは甲羅が割れて、血がにじんだ状態で道路に。一見すると陰惨な殺人現場と見まがうほどだったという。ただ「大きなイチモツ」ならぬ、「大きなアトシマツ」に追われることなく、事態は収束。江口にとってはなんとも微妙な黒歴史になった。

(北村ともこ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「タピオカ騒動」木下優樹菜、一転謝罪も指摘される「ファンに『黙れ』」過去!
2
巨人・鈴木尚広、阿部慎之助よりこっ恥ずかしい「重婚報道」にドン引きの声
3
批判覚悟?田中圭が「おっさんずラブ」続編から降板しなかった理由
4
桑子真帆を筆頭にNHK勢が躍進のヒミツ/「女子アナランキング」考察(下)
5
木下優樹菜「恫喝DM騒動」で「数千万規模の違約金発生の可能性」証言!