芸能

どぶろっくの「大きなイチモツ」男が隠したい黒歴史!

 下なネタ全開で革新をとげた「キングオブコント2019」。第12代キングは、どぶろっくだ。TBS系列の全国生放送という大舞台で、「大きなイチモツをください」と歌唱しつづけた江口直人。コンプライアンス問題が年々厳しくなり、地上波では芸人が本来持っている力を発揮できない由々しき状況が続くなか、どぶろっくが貫いた信念は、お笑いマニアを感心させた。

 どぶろっくが、「もしかしてだけど~」のメロディに乗せて、哀しい男の妄想を歌ネタにしたのは13年。またたくまに売れっ子芸人の仲間入りを果たし、同年末には、「中学生が選ぶ好きな芸人ランキング」で堂々トップを獲得した。年間の営業本数も、それまで盤石の1位をキープしていたテツandトモを抜いて、初の1位に躍り出ている。

 しかし、シングル、アルバム、ミュージックDVDもリリースして脂が乗っていた14年、江口の無知がとんでもない災難を招いてしまう。

「7月、特定外来生物のカミツキガメを無許可で飼育していたことが、外来種被害防止法違反にひっかかって、書類送検されたのです。それも、当時住んでいたマンションの9階の自宅ベランダからカメが転落してバレるという運の悪さでした」(週刊誌記者)

 カメは、体長27cmで体重5kg。ベランダのタライの中で飼育されており、大雨の日に脱出して、1階店舗の日よけを貫通して、地面に落ちた。

「後日、所属事務所が発表したところによると、そのカメはおよそ13年前から飼っていたということでした。大きな塊だけに、負傷者が出なかったのは不幸中の幸い。通行人が『カメが空から降ってきた』と交番に通告したことで、発覚しました」(前出・週刊誌記者)

 カメは甲羅が割れて、血がにじんだ状態で道路に。一見すると陰惨な殺人現場と見まがうほどだったという。ただ「大きなイチモツ」ならぬ、「大きなアトシマツ」に追われることなく、事態は収束。江口にとってはなんとも微妙な黒歴史になった。

(北村ともこ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
2
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
3
池田エライザが艶姿で「カチカチよ」/芸能美女「マッパにエプロン」秘録(下)
4
新垣結衣、ビール新CMで気になり過ぎる!?ニットも歪むバストの“張り具合”
5
NHK・和久田麻由子 桑子真帆を屈服させた「黄金時代」の内幕(1)紅白司会の候補に挙がっていたのは4人だが…