芸能

芸能人「悲報館」25連発(3)<暴露損>浜崎あゆみの暴露本は大ブーイング

 00年、壮絶な過去を赤裸々につづった故・飯島愛の著書は170万部を超える大ヒットを記録し、社会現象となったが、それ以降もさまざまな芸能人が告白本や暴露話を世に出している。だが中にはパッとしない告白もあるようで‥‥。

 今年、話題となった告白本といえば、ノンフィクション作家・小松成美氏による浜崎あゆみ(41)のインタビュー本「M 愛すべき人がいて」(幻冬舎)。エイベックス会長・松浦勝人氏(55)との愛人関係を赤裸々に告白しているが、世間はもちろん、浜崎のファンからも「そんな暴露話、いまさら聞きたくなかった」と大ブーイングが起きた。

 アイドル評論家の堀越日出夫氏が話す。

「共感を得られないのは、2人の関係性に夢が持てないから。事務所の社長(当時)と歌手の愛人関係なんて、スケールが大きいようで小さい(笑)。それに、もう彼女自身が旬の人じゃありませんからね」

 来春、テレビ朝日系でのドラマ化が決定しているが、深夜枠ゆえ期待値は高くないことがうかがえる。

「話題になるかはキャスティングしだいじゃないですか。あゆに代わる旬な人なら、それなりに反響はあるかもしれませんが‥‥」

 また、堀越氏が「この2人の関係にも共感できないし、夢がない」と一刀両断したのが、今年3月に元夫・貴乃花との23年間の夫婦生活をつづったエッセイ本「こころの真実 23年のすべて」(世界文化社)を出版した河野景子(55)だ。

「すでに破綻している2人の結婚生活をつづって、誰が興味を持つのでしょうか。内容もショッキングな事実があるわけではなく、要は話題となるパワーワードがないんです」

 離婚後に一方が元パートナーとの過去を告白することに不快感を覚える人は多く、ネットでは「息子と同じで空気が読めない」といった批判が殺到。また、中条きよし(73)はテレビの生放送で「別れたのに、なんでこんなこと書くの? ふざけている」と激怒した。

 しかし、河野は中条を怒らせるだけの反響があって、まだマシだったのかもしれない。なぜなら、12年に藤原紀香(48)が出版したフォトエッセイ「N. Perfect body」(講談社)などは、元夫・陣内智則(45)を後輩に奪われた過去を暴露したものの、当時まったく話題にならなかったのだから。

 その後、2人はそれぞれ別の伴侶と結婚。どちらも幸せな生活を送っているのだから、むしろ話題にならなくてよかったのかも。

 暴露や告白の形は、出版だけにとどまらない。

 例えば、15年に公設第一秘書との不倫旅行が報じられたことで衆議院議員の座を追われた上西小百合(36)。現在はタレントとして活動しているが‥‥。

 スポーツ紙記者が話す。

「昨年1月に放送された『良かれと思って!』(フジテレビ系)で『国会議員宿舎内にマスコミは入れないので、許されない愛があふれています』と、議員同士の不倫が珍しくないことを暴露しました。しかし世間はまったくザワつきませんでしたね」

 一方、旬な人が衝撃の事実を赤裸々告白したのに、話題性が思いもよらぬ方向へ進むケースもある。

 14年に覚せい剤取締法違反で逮捕されたASKA(61)が、その2年後、薬物事件の経緯を約12万字にも及ぶ長文で告白した。

「覚醒剤を使うようになった背景に巨大組織『ギフハブ』による盗撮や盗聴の被害があったことを訴えていました。しかし、ファンは妄想と統合失調症を心配する事態となった。ギフハブの真相も、いまだに謎です(苦笑)」(スポーツ紙記者)

 旬なタイミングで世間を騒がせるビックリ告白をしたのが、脚本家の橋田壽賀子氏(94)だ。今年9月、「渡る世間は鬼ばかり」(TBS系)のスペシャルドラマの放送後、週刊誌のインタビューで出演者のえなりかずき(35)が母親役の泉ピン子(72)との共演を拒否していることを暴露したのだ。

 ドラマファンにとってはかなりの悲報だが、堀越氏は、

「正直、今まで渡鬼シリーズは興味がなかった僕が、この話を聞いて興味を持ちました」

 と前置きして、こう続ける。

「この2人のリアルな親子確執をドラマに組み込んで、令和にふさわしい新展開になることを期待します。話題性もあるし、僕のような人が食いつく可能性があるのではないでしょうか。とにかく確執が起こってしまったのはしかたがないことなのだから、ぜひピンチをチャンスに変えてほしいですね」

「新渡鬼シリーズ」が放送されることを期待したい!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
2
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
3
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性
4
「バス旅Z」最新回!?田中要次&羽田圭介“ロケ目撃情報”
5
和久田麻由子“独り生活”の淋しさが溢れ出る?ただ今フェロモン大放出中!