芸能

撮影の合間にスクワット!広瀬アリス、ヒップで魅了する“女優フル回転”素顔

 もう「広瀬すずの姉」とは呼ばせない。髪の毛を20cm以上カットして臨んだ新作映画「AI崩壊」(ワーナー・ブラザーズ)が1月31日に封切られ、天海祐希と共演する「トップナイフ」は高視聴率を叩き出している。オファーが絶えない理由を探ると…。

「早朝から深夜に及んだ撮影でも愚痴ひとつこぼさない。それどころか撮影の合間に台本を読みながらスクワットするなど、とにかくパワフル。肉感的なヒップを突き出してはスタッフを魅了していました。彼女が来ると現場がパーッと明るくなるんです」

 と絶賛するのは「AI崩壊」の関係者。同作でアリスは殺戮マシーンと化したAIに立ち向かう新米の女性刑事に扮している。彼女の演技について、映画評論家の秋本鉄次氏も高評価をつける。

「実は私、妹のすず(21)よりもアリス推しでして、この映画も彼女目当てで鑑賞しました。コンビを組むのはベテラン刑事役の三浦友和(68)。シリアスなシーンが多い中、親子以上に年の離れた三浦を相手に、丁々発止のかけあいでコメディエンヌとしての技量を存分に見せつけています」

 艶っぽいシーンはなかったというが、「スクリーン越しに伝わるボディ」の肉感的な感じには「次回作への期待をふくらませてくれますね」という。

 一方、「トップナイフ」では恋に仕事に打ち込む研修医を演じるアリス。主演の天海祐希(52)との関係も良好のようだ。

「女性キャストが少ないこともあって、撮影現場が同じ時は、アリスから積極的に話しかけて、次のシーンで自分はどう演じればいいのか相談していますよ」

 とはドラマ関係者。続けて、天海とのベッタリ度を明かすには、

「ふだんのファッションや食事、食べに行く店など、何でも天海のマネをしようとして、質問攻めにしているんです。クランクアップする頃には、どこまで親密な関係になるのか…」

 2月4日発売の「週刊アサヒ芸能」2月13日号ではそんなアリスの「素顔」に迫っている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
2
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
3
まさかお払い箱に!松本人志、「浜田は何も考えてない!」爆弾発言の“深意”
4
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
5
「お前は70%くらいの選手だな」駒田徳広、王監督“忘れられぬ発言”を動画回顧!