芸能

宮迫とヒカルのコラボ動画が高評価も「これでもう芸能界には戻れない」の声!

 1月29日に謝罪動画を公開した宮迫博之が翌30日、人気YouTuber・ヒカルのチャンネルに出演。「【独占告白】宮迫さんに闇営業の件について直接聞いてみた」と題した動画にて、ヒカルからの質問に答えてみせた。

 ヒカルは宮迫のYouTube進出をサポートすると表明しており、さっそく有言実行を果たした形。動画の紹介欄には、〈Q.宮迫さんの炎上についてどう思いますか?A.どうも思わないから先陣切ってコラボしました。〉なる文面が。また、コメント欄には「こんな動画出せるのがヒカルチャンネルです」と、“らしさ”を見せている。

「1月31日時点で高評価が9.5万件、低評価が2.6万件で、YouTube好きからは高く評価されています。少々の炎上をいとわないヒカルのストロングスタイルには熱狂的なファンも多く、宮迫を応援することによる世間からの風当たりなど、彼にとってはどうということもないでしょう。その意味で宮迫がヒカルのバックアップを受けたのはYouTuberを目指す点では大正解ですが、芸人という切り口で見た場合には大いに疑問が残る形です」(芸能ライター)

 今回の動画はヒカルの自宅で撮影されており、二人が座るソファーには数々のぬいぐるみが鎮座。29歳も年下のヒカルを相手にリラックスしているのか、宮迫は闇営業騒動後に引っ越ししたことを明かし、「50の男が半年間収入ないって怖なるで!?」「ドーンどころかギュギューン!」と収入減の恐怖について語っていた。

 その後もヒカルの軽妙なトークに乗せられたのか、「宮迫さんはボクの会いたい人の影にいた」というヒカルのボケにはすかさず「やめ!会いたかったであれ!」とのツッコミを入れるなど、二人の息はバッチリ。ポルシェを数カ月で手放したエピソードも明かすなど、騒動前のノリを見せていた。

「これを1本の動画として評価するなら、相当におもしろいことは間違いありません。宮迫に対して『岡本社長のことは嫌いなんですか?』と問いかけるクダリは、テレビではまず不可能なヒリつきぶりでした。しかし、みずからの炎上騒動が報じられた日々について宮迫が『あれレギュラーやったらオレなんぼもらってんねんって話やで』と振り返る姿は、いまだに反省の色が見えないと批判されるのは確実。今回の動画により宮迫は、芸人復帰の道をみずから閉ざしたも同然でしょう」(前出・芸能ライター)

 もし宮迫がYouTuberとして今後活躍できるなら、この動画はその最初の一歩として語り継がれることになりそうだ。はたしてそんな日は来るのだろうか。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
2
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
3
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
4
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
5
芦田愛菜「16歳」のマルモリ野望(1)大手進学塾でトップクラス