芸能

アンゴラ村長のTikTokが「毎日更新」の「激しい胸揺れ」で必見モノ!

 男女のお笑いコンビ・にゃんこスターのアンゴラ村長が新境地を見いだしているようだ。4月21日に東京・新宿で開催予定だったお笑いライブは緊急事態宣言の発令を受けて中止に。なわとびのイベントも全国的に中止となり、活躍の場が狭まっている状況だが、ここ1週間ほどは毎日のように新ネタを投下しているというのである。

「アンゴラ村長は19年11月に動画共有アプリ『TikTok』のアカウントを開設。自己紹介では『にゃんこダンスやなわとび技を』と銘打っているものの、なわとびを披露したのは最初の2回だけで、あとは《さくらんぼがかかったら絶対に踊らなければならない》という『#強制にゃんこスター』のダンス動画を主に公開しています。そのTikTokでこれまでは週2回程度の更新だったものが、4月14日以降は毎日更新。動画の内容も、様々な曲のダンスにリズムなわとびの振付を紛れ込ませる『#にゃんこスターを探せ』となっており、1曲“通し”で観たくなる仕上がりになっています」(芸能ライター)

 そのTikTokではフォロワー数が22万超に及び、ツイッターの5.7万フォロワーを大きく上回る人気を獲得。大好きだという坂道系グループの曲に合わせて踊る可愛らしいダンスも人気を呼んでいる。そして最近のダンス動画では、ほかにも必見ポイントがあるというのだ。

「ここ1週間の動画ではなによりアンゴラ村長のお胸に注目です。これまでも、なわとびの際にバインバインと上下に揺れる様が見どころの一つでしたが、ダンスでは左右の動きもミックス。4月18日にはパジャマ&メガネという強力コンボも披露しており、もう辛抱たまらん感じです。この部屋着ダンスはぜひ続けてもらいたいものですね」(前出・芸能ライター)

 ちなみに「#強制にゃんこスター」のほうは、最初は同じ曲の連発に胸焼けしそうになるものの、続けて観ているといつの間にかその果てしない繰り返しがクセになるという謎の魅力にあふれている。

「アンゴラ村長の特長は、お笑い芸人としての知名度は十分高いのに、いまだに素人っぽさを感じさせるところ。そのおかげで、知り合いの女子がプライベートで更新しているTikTokをのぞき見しているような背徳感を味わえるのです。5月17日の誕生日でやっと26歳という若さも魅力ですし、このTikTokを見る限り、まだまだ伸びしろがあるように感じられます」(前出・芸能ライター)

 外出自粛期間中のモヤモヤをアンゴラ村長の笑顔で癒やされてみるのもよさそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「太川陽介が芸人に怒り爆発」「河合郁人に予想外の波乱」冬の東北で展開される大バトルの勝敗
2
因縁の「ミュージックステーション」で…「平野紫耀CM待ち」放送前後の天国と地獄
3
GACKTが元メンバーの墓参りで「供えたもの」に寄せられた称賛の嵐
4
合格率たった4%の名門スタンフォード大学に入る佐々木麟太郎「合格基準」に「大谷翔平と菊池雄星」
5
「大人の発達障害」のダークサイド…「カサンドラ症候群」に苦しみ離婚した女性の沈痛告白