女子アナ

テレ朝・三谷紬、「ダイエット企画で胸縮小の危機」もバスト好きは大歓迎!?

 今や局アナ界で随一の巨胸アナとなったテレビ朝日の三谷紬アナが、バスト縮小の危機にあるという。その三谷アナは現在、YouTubeのテレビ朝日公式チャンネルにて10キロダイエットの企画に挑戦中。3月31日に公開された2回目の動画では妊娠疑惑を掛けられたとコボしており、「10kgぐらい痩せれば誰も文句言わないと思うんですよ」と宣言している。

 同じ動画ではジムで筋トレに励む姿を公開。トレーニングウエア姿で胸筋や三頭筋のトレーニングに励み、ジム外でも日々ウォーキングに勤しむなど、本気度を垣間見せていた。

「そのトレーニング場面がバスト好きにとっては垂涎もの。タンクトップ姿で仰向けになると横ムネがむにゅっとハミ出し、推定Hカップと言われる巨胸が隠し切れない存在感を示しています。バーベルを使う場面では腹部にトレーニングベルトを着用し、反動でバストがロケットのように飛び出すという眼福ぶり。そのベルトを締めあげるシーンではあえて首から上を映さず、バストとベルトだけをアップにするという巨胸好き向け映像さながらの画角には《テレ朝も意外にわかってるねえ》との絶賛が絶えません」(グラビア誌ライター)

 しかし、この調子でダイエットが成功してしまうと、自慢の胸がしぼんでしまうとの懸念もあるはず。そうなってしまうと巨胸好きもガッカリしてしまうのではないだろうか?

「それは真の巨胸の魅力を知らない人の発想ですね。一部には《ダイエットをしたら垂れるぞ》との指摘もありますが、巨胸は少し重力に負けるくらいが最も魅力的なフォルム。リアル峰不二子など、作り物感がアリアリで、ありがた味がありません。また、ダイエットに伴って、ボリュームが減るのは避けられませんが、HカップがFカップに2サイズダウンするくらいは十分に許容範囲。むしろウエストが引き締まることで凹凸感が強調され、いわゆる《胸だけ痩せていない》を実現してくれるのです。全体が引き締まればぴっちりしたニットを着用した際に、巨胸が布地を押し上げる様は今よりも破壊力満点かもしれません」(前出・グラビア誌ライター)

 最近の動画でもニットから盛り上がるバストを隠そうともしない三谷アナ。もっとも4月13日公開の最新の動画では、まだ痩せてはおらず、逆に少し増えたことで落胆していた。が、ダイエットが成功した暁にはどんな衣装で魅せてくれるのか、待ち遠しいというものだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
2
日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!
3
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?
4
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
5
山本舞香“浪費癖と奢られ嫌い”発言で懸念される伊藤健太郎との“貢ぎ関係”