芸能

「テレビ悲報館」恥辱の23連発(3)<恋愛>小島瑠璃子はインスタで恋愛バトルの決意表明?

 1月に発覚した東出昌大の不貞騒動が話題となったが、それに隠れた芸能人の不貞行為・恋愛ネタにも注目。そこには売名やイメージアップの思惑も‥‥!?

 まず注目は、東出騒動で盛り上がっている最中に発覚した、鈴木杏樹(50)の報道。清純派イメージの崩壊は大きな話題となったが、裏でひそかにささやかれたのが、相手の舞台俳優・喜多村緑郎(51)に対する「誰?」の声だ。

「僕も、最初に名前を見た時の第一声は『誰?』でした(笑)」

 そう語るのは、芸能ライター・尾谷幸憲氏。しかしこの不倫は、鈴木と喜多村にとってプラスの面もあった、と尾谷氏は分析する。

「喜多村さんは、どうやら奥さんとの離婚が回避できたうえに知名度も上がりましたし、悪い結果ではないと思います。不倫もうまく利用すれば、今後の芸能活動でプラスにもっていける」

 尾谷氏がその好例として挙げたのが、16年に不倫が発覚した、宮崎謙介元衆院議員(39)。東出同様、妻・金子恵美元衆院議員(42)の妊娠中に不倫。議員辞職に追い込まれたが、今や夫婦ともども不倫をネタにタレント活動を成功に導いている。

「昨年はCM出演までしていますし、東出さんの時には不倫する側の心理を的確に分析。『さすがプロ不倫家は言うことが違う』と絶賛されていました(笑)」(尾谷氏)

 また東出の記者会見では芸能レポーターによる「杏さんと唐田さんのどちらが好きか」という質問が話題になったが、この質問に対してテレビ番組の中で「(杏さんと言わずに)何も答えないと『勝った』っていう気持ちになります」と答えたのが、フジテレビの久代萌美アナ(30)。久代アナ自身も昨年11月にユーチューバーとの熱愛が発覚しているが、どうやら自身は本命よりも愛人願望があるのかもしれない。

 その一方、「この不倫は気の毒」と尾谷氏が同情したのは、今年3月に妻と弟子の不倫が報じられた立川志らく(56)のケース。

「妻の不倫を自分の情報番組で報じて、みずからコメントをする。これは悲惨ですよね。奥さんは反省している様子もなさそうだし、家庭は相当気まずいと思います。唯一救いなのは、ワイドショーが新型コロナウイルスの話で忙しく、不倫ネタどころではなくなったこと。コロナのおかげで世間的には妻の不倫報道をロックダウンできました」(尾谷氏)

 確かに芸能界もコロナ禍が無視できない状態。その影響をもろに受けそう、と尾谷氏が心配するのが小島瑠璃子(26)だ。

「彼女みたいな当たり障りのないタイプは、人員削減の際に最初に削られます。また、関ジャニ∞の村上信五と2度にわたる交際報道があったのですが、今年3月には村上と書道家・青柳美扇のお忍びデートが報じられている。新型コロナの不安感も含め、相当メンタルをやられていると思います」(尾谷氏)

 村上の隠密デート直後、小島は自分のインスタグラムにいきなりビキニ姿の写真を投稿。その2日後には、タンクトップに短パンというセクシー写真を連投したことが話題になった。

「これは『私は負けない!』という決意表明かもしれませんね」(尾谷氏)

 コロナ禍は、思わぬカップルにも飛び火した。

菅田将暉(27)と小松菜奈(24)の熱愛報道です。この2人は4月24日公開予定だった映画『糸』に出演。報道があったあとでも2人一緒に映画の番宣には出ていましたから、個人的には『こんなにわかりやすい映画宣伝の常套手段はないな』と、冷めた目で見ていたんです。しかし結局、コロナの影響で映画の公開は延期。今後この熱愛報道、どう着地させるつもりなんでしょうか」(尾谷氏)

 そんな中、変化球で話題となったのが、今年1月に不動産会社社長だった夫と離婚した加藤紗里(29)。5月に出産予定だが、分娩の瞬間をライブ配信すると宣言しており‥‥。

「これには、あきれるというより、たくましさに感心しました」(尾谷氏)

 芸能界の恋愛騒ぎに、自粛ムードは関係ない!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
2
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴
3
【鉄道界激震】西武鉄道が「箱根山戦争」を繰り広げた「小田急・東急の中古車両」購入の「格落ち」感
4
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
5
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人