芸能

今秋復活「11PM」キャスターに壇蜜が急浮上

 夏ドラマ「半沢直樹」(TBS系)で主人公の敵役愛人を好演中の壇蜜(32)。シリアスなドラマを一瞬にしてピンク色に変化させる壇蜜マジックが次なる“大仕事”を呼び込んだという。

 テレビ誌デスクが明かす。

「『半沢直樹』は、大人がグイと引き込まれる骨太のストーリーと武闘派なセリフが痛快だと中年男性を中心に虜になる人が続出している。また、チョイ役ながら壇蜜が登場することがエロス調味料の隠し味になっていることは間違いない」

 ドラマでの壇蜜は、計画倒産した鉄鋼会社の社長の愛人という役柄だ。

 第1話では露出度の高い真っ赤なワンピースにハイヒール姿で社長を救うために買い物カゴを振り回すアクションまで見せている。しかも、落とした小銭を拾うシーンではローアングルカメラにパンチラすれすれのサービスカットと、男性ファンを釘づけにするつかみもバッチリ。

 第2話では、隠れ家別荘の屋外ジャクジーに入浴中の社長の後ろから壇蜜が登場。薄いショールをハラリと落とすと黒いセクシーなビキニで入浴するのだ。

 その他にも、海辺のリゾート大豪邸で上は黒ビキニ、下はパレオというセレブ風に、さらには別の別荘では黒白のモノトーン水着にシースルーの羽織物と装い新たに何度も画面に登場する。

 芸能評論家の織田祐二氏が、ため息を漏らす。

「ビキニが黒だったりヒョウ柄だったりと見せたい放題。しかも、胸の膨らみも毎回あらわにしているのが程よい刺激となり、壇蜜のセクシーさ目当ての視聴者は数多いようです」

 もちろんグラビアのように扇情的なM字開脚などのポーズこそしないが、壇蜜の妖艶シーンは「水戸黄門」の由美かおるの入浴シーンに匹敵するキラーコンテンツになっているというのだ。

 そんな壇蜜効果に熱視線を送っているのは、何もオヤジだけではないという。

「壇蜜フィーバーにあやかろうと映画、ドラマなどあちこちで壇蜜企画が持ち上がっている。ただし、売れっ子の彼女はスケジュールやギャラなどの折り合いがつかず、なかなか実現には至っていないのが現状。そんな中、急浮上したのが『11PM』の復活プランです。日本テレビが目下、視聴率戦争でしのぎを削るテレビ朝日に立ち向かうために、かつての名物深夜番組MCとして、白羽の矢が立ったのが壇蜜なんです」(テレビ関係者)

 早ければ今秋の番組改編で伝家の宝刀が抜かれることになるという。

「壇蜜本人はキャスターをやる気マンマンのはず。昨年、彼女にインタビューした際に、『将来の目標は文化人』とキッパリ答えていました。コメンテーターなどの仕事にも興味があるようで、キャスター仕事は格好のステップアップになるはずです。実現すれば、森羅万象を全てエロに絡めて話す唯一無二のキャスターが誕生すると期待しています。時の人、旬の人を巻き込んでの傍若無人なエロトークで物議を醸すなんていうのもアリでは」(前出・織田氏)

 グラビア、映画、ドラマに続いてキャスターまで‥‥。壇蜜の「文化的ご開帳」はまだまだこれからがホンバン!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介、「バス旅でわがままマドンナを夜に慰めていた」秘話を激白!
2
太川陽介のバス旅、次企画は「鬼ごっこ」!ライバルチームリーダーは誰だッ
3
平祐奈、ドレスショットで見せた胸の縦スジが「Fカップ渓谷か?」で大注目!
4
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
5
ASKAがツイッターで突然の“ご乱心”!?一般人にからむ「謎発言」連発の怪