芸能

萩本欽一「静謐な魂の百恵さんと茶目っけのある昌子ちゃん」(1)

 僕が司会を担当した、歌手のスカウト番組「スター誕生!」(日本テレビ系・1971年10月スタート)からは数えきれないほどのスター歌手が誕生しました。

 多すぎて、顔や名前を覚えきれないほどです。

 川中美幸さんとテレビ局で会って「はじめまして」と言ったら、「嫌だぁ、覚えてないんですかぁ? 私『スター誕生!』の決戦大会にも出てるんですよ」って。

 中森明菜さんも覚えてないんです。デビューして「欽ちゃんのどこまでやるの!?」(テレビ朝日系)にゲスト出演してくれた時、本人から「私、『スター誕生!』出身です」と聞かされました。

「髪が長かったよね、確か」

 って言ったら、

「そうです。覚えてくれてたんですね!」

 って言われましたが、本当は覚えてないんです。明菜ちゃん、当てずっぽうでごめんなさい!

「スター誕生!」が始まった頃の僕は30歳。10代の女の子の顔をマジマジと見たり、話しかけたりするのは、てれくさくて恥ずかしかったですから。

 そういうわけで、番組が生んだ最大のスター、山口百恵さんとも、ほとんど会話を交わしてません。

 1つ印象に残っているのは、ステージの袖、真っ暗な空間にジッと立つ百恵さんの後ろ姿です。

 その日の収録には百恵さんを含め、番組出身の新人歌手と西城秀樹さんが出演してくれました。

 秀樹さんの歌のコーナー。他の新人さんは楽屋でスタッフたちとおしゃべりをしています。

 百恵さんだけでした。ソッと1人だけ楽屋を抜け出し、暗いステージの袖に。ステージに立つ秀樹さんをジッと見つめています。

 たまたまその後ろ姿を見た僕は、百恵さんの静かだけど強固な魂を感じました。

「今に見ていろ、私だって!」

 僕に伝わってきたのは、百恵さんのそういう思いです。

「この子は他の女の子とは一味も二味も違う」

 番組の審査員だった作曲家の都倉俊一さんからもこんなエピソードを聞きました。都倉さんが、

「欽ちゃん、山口百恵って、とんでもないものになるぞ!」

 興奮気味に僕に言います。

「他の女の子はさ、教えてて『音が違うぞ!』と大声でどなると泣くんだよ。山口百恵は違う。泣かないんだよ。オレの目をジッと見て『ハイ!』と答える。ちっとも動じないんだ。

 あの子は何かをまっすぐ見てる。度胸の持ち方が違うんだよ。もう一度言う。とんでもないものになるぞ!」

 73年「としごろ」で歌手デビューした百恵さんはたちまちトップアイドルに。森昌子さん、桜田淳子さんとともに「花の中三トリオ」と呼ばれました。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
2
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
3
まさかお払い箱に!松本人志、「浜田は何も考えてない!」爆弾発言の“深意”
4
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
5
「お前は70%くらいの選手だな」駒田徳広、王監督“忘れられぬ発言”を動画回顧!