芸能

とろサーモン久保田が「M─1」審査員を“審査”で上沼恵美子の点数は!?

 お笑いコンビ・とろサーモンの久保田かずのぶと言えば、2018年の「M─1グランプリ」放送終了後、〈スーパーマラドーナ〉の武智正剛とともに、審査員を務めた上沼恵美子に対し「オバハン」などとインスタライブで発言して騒ぎになったことが思い出される。

 騒動については久保田が上沼に謝罪を入れて許しを得たとも言われているが、そんな中、久保田のYouTubeチャンネル「もう久保田が言うてるから仕方ないやん〆」の4月4日投稿〈M─1審査員を批判せずに審査してみた。〉で、あろうことか上沼を始めとする2019年「M─1」の審査員に点数をつけるという掟破りの動画を見せている。

「オール巨人師匠は89点。さすが師匠はベテランなんでコメントの切り口も凄いなと思いますし、よく漫才を見てるなっていうのが、見ててわかりましたね」と、スケッチブックに走り書いた点数を見せ、完全に上から目線のコメントで始まり、以後も「ナイツの塙90点」「サンドウィッチマンの富澤90点」「立川志らく88点」「中川家の礼二92点」「ダウンタウンの松本93点」と続いたが、さて上沼はどうだったのか。

 久保田は「上沼恵美子さん点数は…ちょっとごめんなさい、色々含めて厳しく出させてもらいました」と前置き。見せたスケッチブックには、まさかの「1000点」と書かれていた。そして「なんにも問題がないというか、気持ちで言うてはるんだろうな…自分の熱い気持ちというか、熱? あらためて上沼さんの存在は大きいのかなと思ってしまいましたね」「上沼さんの何が凄いって一刀両断するところ。去年までのM-1戦士は、まるで鳥みたいな鳴き声の漫才師が多いって言ってたんで」としたのだ。

 どうやら巨人師匠他は、「1000点」が言いたいがためのフリだったようだ。笑いのフィルターを通しての皮肉はさすが2017年のM-1王者だが、西の女帝の前には、小鳥のさえずりにしか映らないだろう。いやそれ以前に、耳にすら入らないのかもしれないが。(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
元アジアン・馬場園梓が後輩芸人に「姉さん抱かせてください」せがまれた結末
2
かまいたち山内が選んだ週刊少年ジャンプ「歴代最高マンガ」に同意の声続々!
3
新木優子、“8等身ボディ”写真でむしろ注目を浴びた「Bバスト」のカタチ
4
草なぎ剛、「芸能人格付け」で“GACKTの代役”出演希望の声が殺到中!
5
夏目三久“山ありゴムあり”「美脚14年」を真相報道する(2)アイドルアナとして大ブレイク