エンタメ

我が青春の週刊少年ジャンプ(6)ヒット作誕生の意外なワケ

 堀江が強く「北斗の拳」の連載を望んだのは、もちろん原の才能にほれ込んでのことだ。そして、ヒットへの確信があったはずだ。

 だが、堀江は冗談めかしてこう語る。

「とにかく江口先生の担当を外れたくてね(笑)」

 この「江口先生」とは、本連載第1回に登場してもらった漫画家、江口寿史だ。

 江口は遅筆ゆえに、担当する編集者の負担が大きく、持ち回りのように何度も担当が代えられた。その中で、最も長く担当していたのが堀江だった。

「締め切り前の金曜から日曜までは、付きっきりで原稿を待つ。当然、徹夜なんだけど、江口先生の後ろで原稿を待っていると、アシスタントが寄ってきて、僕のほうをのぞき込んで『先生、起きています!』って報告に行くの。たまに、僕が寝ていると『今だ!』って江口先生も寝ちゃう。だから、起きているってアピールするためにいつも足を揺らしていたんだけど、おかげで足を揺らしたまま寝られるようになったぐらい。でも、江口先生もさぁ、ペンを動かしている振りをしながら寝られるようになっちゃってね。1度、その状態でお互い寝ちゃって原稿を落としたこともあった」(堀江)

 そんな状態なので、締め切り明けの2日間は仕事にならない。その後、編集部へ出て2日で通常業務をこなすと、また江口に張り付きとなる。20代半ばの若手とはいえ、かなりのハードワークである。

「当時、ジャンプでは自分で連載を立ち上げると、そのまま担当編集になる。でも、担当するのは2~3本が限界だから、連載を立ち上げれば、今までの担当作は別の人にバトンタッチすることになる。それで、とにかく急いでたくさん連載を立ち上げて、江口先生の担当を外れようとしていたんだよ(笑)」(堀江)

 ジャンプファンを喜ばせるためのリップサービスなのだろう。ただし、この時期の堀江は「北斗の拳」だけでなく、複数の連載作品を担当していたのも事実である。北条司の「キャッツ・アイ」(81~84年連載)もその一つだ。江口の遅筆がなければ、我々を魅了した作品群は内容も別のものになっていた可能性もある。いや、連載が始まっていなかったかもしれない。

 つい、そんなことを考えてしまう。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
2
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
3
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
4
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
5
坂口杏里、“顔だけなら坂道グループにいそう”自画自賛発言にネット民猛反発