芸能

テレビ局が本当に渡部建を切り捨てる“Xデー”とは!?

 週刊文春による“トイレ不貞”のスクープに先立ち、6月9日に全出演番組の出演自粛に動いたアンジャッシュの渡部建。醜聞の内容が内容だけに芸能活動自粛は相当の長期間にわたるものと見られている中、業界では今、テレビ局が渡部を切り捨てる“Xデー”がささやかれているという。

「渡部が総合司会を務めていた『王様のブランチ』(TBS系)と、火曜コメンテーターを務めていた『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)の公式サイトでは今も渡部の写真を掲載。現状は渡部を降板としておらず、あくまで休演という扱いにしています。逆に言えばこれらの番組から姿を消す日が、渡部にとっての“Xデー”になるわけです」(テレビ誌ライター)

 そこで番組側にとって都合がいいのは、番組改変期となる7月がすぐそばに迫っていること。ここで出演者を入れ替えるのは恒例行事であり、<不祥事で緊急降板!>と大げさに騒がれることもないとの目算がありそうだ。

 さらには10月までは現状を維持し、下半期のスタートに合わせて番組にプチリニューアルを施すという手もある。そのタイミングに関して前出のテレビ誌ライターはこう指摘する。

「逆に言うと改編期を生き残ることができれば、番組復帰の目があるとも言えます。その好例が所得税の無申告問題で芸能活動を自粛したチュートリアルの徳井義実。昨年10月の発覚以降、『人生最高レストラン』(TBS系)のように降板した例もありますが、『今夜くらべてみました』と『しゃべくり007』(いずれも日本テレビ系)では今でも公式サイトに徳井の画像を掲載。前者に至っては番組名からして正式名称は、『徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました』であり、“徳井”の名前を残したままです。それゆえ『王様のブランチ』や『ヒルナンデス!』でも渡部の画像を残し続けるのであれば、復帰の可能性はゼロではないと言えそうです」

 はたして渡部の画像はいつまで、各番組の公式サイトに残り続けるのだろうか。音楽番組「Love music」(フジテレビ系)のように早々と渡部を公式サイトから消し去った番組もある中、各テレビ局の対応に注目の集まるところだろう。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し