芸能

東出昌大、不貞騒動から半年の“どさくさ復帰”に拭えない「反感」!

 今秋公開で田中裕子主演の映画「おらおらでひとりいぐも」の追加キャストが発表され、ポスタービジュアルが公開された。

 同作は若竹千佐子の同名小説を映画化したもので、75歳でひとり暮らしをしている主人公“桃子さん”を田中裕子が、娘時代を蒼井優が演じる。

「今回発表された追加キャストは、東出昌大、濱田岳、青木崇高、宮藤官九郎らですが、その中に東出の名前があったことで、ネット上で物議を醸しています。不貞騒動以来、表立った活動をしていなかった東出は、最近になり徐々に仕事を増やしているようですが、まだまだ“東出の顔を見たくない”という人も多い。何事もなかったように映画に出演していることに疑問の声も上がっています」(映画ライター)

 ネット上でも〈あれ、しれっと、でっくんの名前がある。もう不貞は許されたのか?〉、さらに〈クドカンまで出てスキャンダルだらけの出演者〉など、厳しい意見が飛び交っている。

「この映画は、東出の不貞騒動前に撮影されていたため、予定通りのキャストでしょうね。もっとも関係者の間では、東出が出演することに反対の声もあったようで、撮り直しも検討されたとの話もありますが、コスト面や新型コロナウイルスの影響で、最終的にはそのままになったようです。東出の出演がマイナスにならなければいいのですが…」(前出・映画ライター)

 最近の東出は、公開が延期されていた映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」のプロモーション活動に参加するなど、復帰を果たしている。今後も映画の宣伝でテレビに頻繁に顔を出すだろうが、この“どさくさ感”…。はたしてどれだけの人に受け入れられるだろうか。

(ケン高田)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
松本伊代、それでもヒロミを選んだ“アイドル時代”群がった男たちの「接近手段」
3
衝撃発覚!あの紅白歌手に楽曲を提供した「薬物作曲家」の逮捕劇
4
安田美沙子、「感動の出産シーン」と真逆の“汚部屋”公開に“不衛生”非難が!
5
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…