事件

怒髪天ワイド 東京電力 史上最低の独占企業をシバく!(1)

 辞任した大臣が言い放った「死の町」。原発放射能で汚染された福島県には、いまだ人が住むことのできない危険な地域がいくつも存在する。それならいっそのこと│とばかりに国と東京電力が画策したのは、県民が知ったら腰を抜かしそうなとんでもない計画だった。何しろ、放射能を除去するどころか、世界中から集めるというのだから。

「原発事故は天の采配」発言
「日本の原発の安全性を世界最高水準に高めたい」
 9月22日、ニューヨークの国連本部で開かれた、原子力安全に関する首脳級会合。外交デビューを飾った野田佳彦総理(54)は、力強くこう宣言して各国首脳らの喝采を浴びた。減原発へと突き進むのではなく、原発再開へ向け舵を切り直した、と言われるこの宣言。マスコミはさほど関心を示さなかったが、実はその舞台裏では、放射能汚染に苦しむ福島県民への「死刑宣告」とも言うべき、驚愕の極秘計画が着々と進行していた。裏事情に詳しい経産省の中堅キャリアが明かす。
「ズバリ、原発事故のどさくさに紛れて、福島を核のゴミ捨て場にするという、とんでもない計画です。この計画は事故以来、経産省と東電がグルになって進めてきたもので、野田総理の発言はこの計画にお墨付きを与える、最終的なゴーサインだったんです」
 布石は1カ月前に打たれていた。辞任直前の8月27日、福島県庁を訪れた菅直人前総理(65)は、放射能に汚染された土やガレキの処分について、突如としてこう切り出した。
「中間貯蔵施設を県内にお願いせざるをえない」
 佐藤雄平知事は「非常に困惑している」と猛反発。菅前総理は「最終処分場にすることは、まったく考えていない」と釈明したが、これは表向きの、そのまた表向きの話。前出の経産省中堅キャリアが続ける。
「菅前総理のこの最後っ屁は、菅前総理を脱原発から減原発に改心させた経産省が『いよいよ最後の仕事です』とダメを押して言わせたもの。ただし目下、経産省と東電が進めている極秘計画は、菅前総理が口にした土やガレキだけの話ではない。本当のターゲットは、全国の原発から出る使用済み核燃料。これを土やガレキもろとも、福島の地中深くに埋めてしまおうという計画なんです」
 日本の原発は「トイレのないマンション」と言われてきた。トイレとは、ズバリ、使用済み核燃料の最終処分場のことである。
 現在、使用済み核燃料は青森県六ヶ所村の核燃料再処理工場に一時貯蔵されているが、全国各地の原発施設内にある貯蔵プールともども満杯に近い。加えて、同県むつ市に建設中の施設は中間貯蔵施設にすぎず、国も東電も厄介者の最終処分場については打つ手なしの状況だったのである。
 そこに福島原発事故が勃発。前出の中堅キャリアによれば、東電幹部からはこんな声も上がったという。
「まさに天の采配、千載一遇のチャンス。どのみち、福島は放射能で汚染されちゃっているんだから」

カテゴリー: 事件   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ラモス瑠偉「W杯惨敗サッカー日本代表コキ下ろし」に抗議電話15万5000件/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
2
「キスしてる?」質問にフジテレビ・井上清華が衝撃「赤面もじもじ返答」の「まさか!」
3
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
4
落合博満が「何の連絡もない」と困惑する「中日OB戦オファー事件」の舞台裏
5
岡田監督と不協和音!阪神・佐藤輝明「怒りの2軍落ち」で問題視された「試合に向かう姿勢」