事件

「紳助とやすし」暴君の系譜(7)再び主戦論へと傾いた知事

 9月30日、橋下知事が代表を務める「大阪維新の会」が提案した職員基本条例案と教育基本条例案などを、大阪市議会は審議ナシで否決。即廃案とした。
「この条例案は、教員の懲戒規定を明確化したり、首長が設定した目標を実現する責務を果たさない教育委員を罷免できる条文があり、問題だらけの条例案でした。『維新の会』は市議会では過半数を占めていないので、否決される可能性は高かったわけですが、条例案を門前払いにするのは異例中の異例。橋下知事の不人気が深まりつつある潮目の変化を反橋下派の市議たちが察知して、攻勢に出たのでしょう」(ジャーナリスト)
 一方、「維新の会」が過半数を占める府議会でも、同条例案は提出されている。が、日を追うごとに、批判の声が高まっているのだ。「教育委員が声を上げたのに続き、大阪府総務部も『維新の会』に対して、職員基本条例案の違法性や問題点を687項目にわたり列挙した質問状を送付しました。府民の間でも、この独裁的な条例案への批判が高まっています」(前出・記者)
 この逆風の中、橋下知事が断行したのが、「兄貴分」である紳助への「盃返上」だったのだ。
 ある府政関係者が言う。
「紳助さんが引退した直後に、橋下知事はメールを送ったことを明らかにしましたが、ついに紳助さんへのメールや電話をやめたそうです。不人気の原因の一つを切り捨てたのでしょう」
 9月22日の会見で、橋下知事は「公選区長に予算編成権を与えるかどうかの一点だ。ここさえ折り合いがつけばタッグが組める」と平松市長との休戦を匂わせるような発言をしていた。
 ところが、「盃返上」の効果なのか。その後は再び主戦論へと傾いている。「首長連合主催のシンポジウムで、橋下知事と平松市長の討論を行い、和解の道を探ろうとしていたのですが、9月30日に橋下知事は日程の調整がつかないとして出席を拒否したのです」(前出・記者)
 まさに、〝手打ちの盃〟など飲めるわけがないということなのだ。
 紳助親分との盃を水に流し、一本独どっ鈷こで行く覚悟を決めた橋本知事。はたして、この秋の「最終抗争」を勝ち抜くことができるのか。

カテゴリー: 事件   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
片瀬那奈 事務所退所で引退危機も「1億円」であの業界からオファー?
2
上白石萌音、広瀬すずの美バストがくっきり!2021年の“アクシデント”ショット大賞が決定
3
水卜麻美アナ、先っちょが浮き出てる!?視聴者を騒然とさせたバスト張り出しシーン
4
岡副麻希、視聴者騒然!シートベルトがガッツリ食い込んだ“Cバスト”のド強調
5
加藤綾子 入籍から半年経過も「別居婚継続」の真相