芸能

芸能界の武闘派組織最新動向!(6)芸能界最弱派閥 「くろじゅん軍団」が全国制覇をブチ上げた 「メンバー全員で日高屋のCM出演が夢です」

09年M‐1グランプリで優勝した実力派のお笑いコンビ「パンクブーブー」。そのツッコミ担当の黒瀬純が率いるのが〝くろじゅん軍団"という「芸能界最弱派閥」だ。そのトホホな現状を本誌が根掘り葉掘り聞いてみると――。
*
――くろじゅん軍団は芸能界最小派閥なんですか?
「最小というか最弱ですね」
――軍団結成のキッカケは?
「4年ほど前の、R‐1グランプリというピン芸人の1位を決める大会に出た時、のちに軍団員になる『ポテト少年団』の内藤(輝彦)、中谷(貴寛)と、ボクが同じブロックだったんです。で、みんなそれぞれピン芸をやったんですけど、ゲロを吐くくらいスベって。このままじゃいけない! みんなでR‐1ネタを作ろう! と組んだのがきっかけです」
――どんな芸人がメンバーなんですか?
「正式メンバーは一軍が内藤、中谷、『チーモンチョーチュウ』の菊池(浩輔)。今、人気者です。二軍が『エリートヤンキー』の橘(実)。以上です」
――少なっ(笑)。会合はリーズナブル価格で知られる中華レストラン「日高屋」がベースとか?
「週1くらいで、結構会っていますね。今日、いっぱい仕事してきた人は〝おつまみ3点セット"、お休みだった人はメンマとかソラマメを注文します」
――勘定は誰が?
「もちろん私が払います!軍団長ですから。帰りのタクシー代も渡します!」
――至れり尽くせりじゃないですか!
「内藤は家が横浜なので、タクシーだと3万円ほどかかる。だから内藤だけは300円のサウナに泊まらせますが」
――そんな待遇ならメンバーに名乗り出る芸人も多いのでは?
「いえ。唯一、志願してきたのがエリートヤンキーの橘だけですね」
――人気者加入で、くろじゅん軍団にも勢いがついた?
「この間、くろじゅん軍団のライブをやったんです。おもしろいライブなのに、お客さんがたった18人しか来なかった。チーモンチョーチュウのコンビでライブをやると400~500人も集まるのに、くろじゅん軍団の肩書だと18人。これにはさすがに、まいったな~と思い、すぐに渋谷の日高屋で反省会をしました」
――実は、くろじゅん軍団は、M‐1チャンピオンになっても人気が出ない黒瀬さんを、みんなで慰めるのが目的という説もあります。
「そうですね。皆さん、『人気がなくても大丈夫ですよ』と言ってくれます」
――でも入会すれば、いいことずくめじゃないですか。
「いや、ボクは認めていないんですけど、〈くろじゅん軍団に入ると不幸が起きる〉という都市伝説があるんです。実際、初めてくろじゅん軍団の集会に参加する時、中谷は連絡の電話を受けた5分後に急に高熱が出た。内藤はテレビ局でもらったお弁当をカバンの中でひっくり返して服がベチャベチャに。エリートヤンキーは若手ライブで、くろじゅん軍団に入った次の週にランクが降格、チーモンチョーチュウの菊池はM‐1の準決勝で2回もかんだ。それまでかんだことのないヤツなのに‥‥。不幸が起きるんですね」
――それでも人を引き付けるのは、軍団長に魅力があるから?
「そう思います。それか日高屋のおつまみのレベルの高さでしょうか。ギョーザとかおいしいんですよ。くろじゅん軍団で日高屋のコマーシャルに出るのが夢ですね」
 最弱と言いつつ、確実に勢力を伸ばしている「くろじゅん軍団」が天下を取るのはいつの日か?

カテゴリー: 芸能   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
2
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
3
松本人志を罵倒、浜田雅功に暴行で“一世一代の大勝負”に出た芸人!/坂下Dの「地獄耳」芸能
4
清原和博の新庄監督批判がますます浮く?江夏豊・田淵幸一の「太鼓判」発言
5
伊藤沙莉、「マッパで“美バスト”を揉まれる」ベッドシーンの艶気が大絶賛!