芸能

武井咲、銀座ホステスも板につく?「黒革の手帖」で大人ボディ変身への期待

 2017年の連続ドラマ放送から3年。1月7日にスペシャルドラマとして、「黒革の手帖~拐帯行~」(テレビ朝日系)が放送される。

 同ドラマは松本清張の没後25年となる17年に女優・武井咲主演で放送され、世帯平均視聴率11.4%を記録。最終回は15分拡大され最高視聴率13.0%だった。

「今回は、前作の連ドラ版最終回で逮捕された元子(武井)が刑期を終えて出所した3年後が舞台で、18年3月に第1子を出産した武井のドラマ復帰作となります。約3年ぶりとなるドラマ出演に武井は『3年という時間がたったとは思えないくらい、元子という女性は常に近くにいたような感覚。正直、原口元子という役以外での復帰は考えられませんでした』と意欲を燃やしています。前作では、まだ24歳だったこともあり、銀座のクラブのホステス役には否定的な声がありましたが、今では出産も経験し、貫禄の姿が期待できるのではないでしょうか。05年に同作の主演を務めた米倉涼子は、昨年3月に所属事務所のオスカープロモーションを退社しており、今後は事務所の顔として武井に大きな期待が掛かっています。本作でいいスタートが切れるといいですね」(芸能記者)

 ネット上では「クラブのママとしてはまだ若いけど、ずいぶんボディも大人っぽくなって貫禄がついてきた。ホステス役が似合ってきたよ」「武井が事務所のトップ女優になったのかな。いつの間にか若手を引っ張って行く立場になったんだな」「放送がめちゃ楽しみ。久しぶりのドラマだし、どんな感じになってるのかなぁ」などと、期待の声が高まっている。

 復帰が決まった武井には現在、CMオファーが殺到しているという。退所者が続出している“美の総合商社”の救いの女神になれるか。今後の動向に注目したい。

(ケン高田)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
巨人・原監督、桑田コーチを招聘の裏にあの“大物球団OB”を巡る思惑が!?