芸能

綾瀬はるかは「バスト揺れ」サブリミナル!?ドラマ美女“緊急痴態宣言”発令中!

 新年早々、大都市圏を中心に新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、緊急事態宣言が発令されている。一方、ドラマ現場でも同様の事態に陥っているのをご存じか。

 きっかけは、女子アナ界の“爆裂バスト番長”鷲見玲奈(30)が満を持して、殴り込みをかけ、女優顔負けの「ねっとりキスシーン」を公開したからに他ならない。そのドラマ界を巡る“緊急事態宣言”の全容に迫っているのが1月19日発売の「週刊アサヒ芸能」だ。

 何しろ今や、女子アナ出身だった田中みな実は飛び級で、女優としても大物扱いになっただけに、危機感を強める女優たちが後を絶たないのだ。

 ここまで体を張った女子アナに負けじと、一肌脱いだのが、綾瀬はるか(35)だ。1月17日スタートのTBS系日曜劇場「天国と地獄~サイコな2人~」で女刑事を熱演している彼女。ドラマライターが解説する。

「綾瀬が演じるのは単なる熱血女刑事ではなく“サイコパスな殺人犯と魂が入れ替わった女刑事”。刑事モノでありながら彼女は犯罪者の内面を演じることになります。高橋一生(40)演じる殺人犯の魂に乗っ取られた綾瀬の不気味な笑みが予告映像として公開されるや『恐ろしすぎる』とSNS上でも話題となりました」

 初回は滑り出し好調で、16.8%をマーク。その裏には、手段を択ばない「“バスト”サブリミナル作戦」が功を奏したともっぱらなのだ。前出のライターが続ける。

「予告映像で男性視聴者の目を釘付けにしたのが綾瀬のたわわなバストの揺れっぷりです。第1話の予告シーンで綾瀬が猛ダッシュする際、彼女のFカップ爆裂バストがピチピチのブラウスを突き破らんばかりに激しく揺れていたこともネットをザワつかせました」

 他にも、1月19日発売の週刊アサヒ芸能1月28日号では、倉科カナや広瀬アリスなど7人の“緊急痴態”に迫っている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「全裸監督」に続く!?松本まりか主演“前貼りなし”過激作品に期待の声
2
三吉彩花、ちょっと動いたらバストがこぼれそう!心配の声も出たジッパー衣装
3
沢口靖子「科捜研の女」“打ち切り”報道で密かに喜ぶ人の「意外な理由」
4
広瀬すず、「“バスト突出”タンクトップ姿」で飛び交ったファンの期待!
5
テレ朝・森川夕貴、「夕方の顔」でバストより注目の“テーブル下”下半身ゾーン