スポーツ

巨人・原監督、桑田コーチを招聘の裏にあの“大物球団OB”を巡る思惑が!?

 1月12日のオンライン会見で、通算173勝の球団OB・桑田真澄の投手チーフコーチ補佐就任が発表された。異例の大物コーチ就任を猛プッシュしたのは、3年契約のラストイヤーを迎えた原辰徳監督に他ならないという。

 全権監督の剛腕により、実に15年ぶりで橙色のユニフォームに袖を通す桑田コーチだが、両者のわだかまりを知る球界関係者は、「桑田の現場復帰を妨げていたのは、むしろ原監督だったはず…」と、驚きを隠せない様子。二人の関係性に軋轢を生んだのは、桑田コーチが巨人を退団した06年シーズンにまでさかのぼる。

「1軍での出場機会に恵まれず2軍暮らしの続いたシーズン終盤に、球団公式ホームページ内の自身のページ上で、一方的に巨人退団を宣言。首脳陣への相談もない、桑田の暴走を自身への意趣返しと捉えた第2次政権1年目の原監督は大変憤慨していました。一方で『ナベツネ』の愛称で知られる渡邉恒雄氏を含む背広組は、穏やかな語り口で聡明な桑田を評価しており、将来的にコーチやフロントに据える声もありましたが、原監督と袂を分かつ状態で現場復帰は不可能と言われてきました」(前出・球界関係者)

 そんな折り合いの悪い仲でありながら、急転直下のオファーが飛び出したのには、悩ましいチーム事情が関係している。

 チームは2年連続リーグ優勝を果たすも、日本シリーズではソフトバンクの壁に跳ね返されて8連敗。たとえ因縁の相手といえども、メジャー仕込みの頭脳を借り、そうまでして雪辱を期したいというわけだ。

 とはいえ、打倒ソフトバンクばかりが理由ではない。一線を退いてもなお、影響力を誇示しているあの“大物球団OB”に対する思惑が見え隠れしているのだった。その詳細は、1月19日アサヒ芸能1月28日号で詳細にレポートされている。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
稲村亜美、雪中ドラム缶風呂に“タオル1枚”で隠し切れなかった「Eカップ」
2
真木よう子、「青のSP」で噴出「演技力とバスト激揺れは反比例」考察とは?
3
“清純派”高橋ひかる、突如の「三角エリア見え」衣装で指摘された“ウラ事情”
4
あわや放送事故!?高橋ひかる、「20分間スカート奥見え」の“騒然”瞬間とは
5
高岡早紀、肌見せまくり黒ワンピ写真公開も「気になるボディ変化」の指摘が!