芸能

森七菜「移籍トラブル」で「隠れ豊満バスト」が激震(3)大物監督たちもゾッコンに…

 森の「移籍トラブル」に動揺しているのは、なにもファンだけではない。仮に森が消えてしまっては、エンタメ業界にとっても大きな損失になるだろう。

「森は16年に大分でスカウトされてから、2カ月もしないうちに『ネスカフェ』のCMオーディションに合格。起用したのは、あの行定勲監督です。その後、出演したドラマや映画の大半がオーディションを勝ち抜いて、大役を任されてきたもの。そのため、『オーディションにめっぽう強い』と言われています」(スポーツ紙芸能担当記者)

 もちろん天賦の才があったのだろうが、努力も人一倍だったという。

「オーディションを前に、その監督や脚本家が手がけた作品群を鑑賞して、森は演技の研究をしていた。それは、A氏の指導によるところが大きいはずだ」(芸能プロ関係者)

 そのためか、森は大物たちにめっぽう好かれている。映画「ラストレター」のプロデューサーを務めた川村元気氏も、「岩井俊二監督が『この子しかいない』と選んだのが彼女だった。僕も15歳の時の広瀬すずに会っていますが、それ以来のすばらしい才能」と森を絶賛。実際、主題歌である「カエルノウタ」を任せる契機となったのは、岩井監督が森のカラオケの歌声を聞いたことだったというから、才人たちがいかに魅了されていたかがわかる。

 映画「天気の子」の新海誠監督も同様だ。昨年末、森が出演した番組「A STUDIO+」(TBS系)で、「命の塊のような人」と評した。そして、収録現場で新海監督が森の写真を撮りまくって、ニラまれていたというエピソードを披露。森にゾッコンだったのは間違いないだろう。

 森は1月20日に行われた映画「ライアー×ライアー」の完成報告イベントに出席。移籍に関する発言はなく、記者の質問にも笑顔で対応していた。はたして次の作品のオファーが舞い込むのだろうか。織田氏は期待を隠さない。

「胸だけが魅力ではないんです。ピュアなルックスそのままに、日常を演じさせたら抜群なんです。何気ない家庭の会話とか、演技とは思えないほどナチュラルで、映画やドラマに一家言持っている人もうならせる実力があるだけに、次の舞台が用意されるはずです」

 できることなら、そこで激震を走らせるのは、その豊かな胸だけにしてほしいと願うばかりだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】