芸能

北川景子「浜村淳を激怒させた無愛想な裏の顔」

 発端は関西で40年続くローカルラジオ番組「ありがとう浜村淳です」(MBSラジオ)での一幕。11月上旬、メインMCの浜村淳(78)が生放送中に発したセリフがキョーレツで‥‥。

 浜村といえば、ズバッとした物言いで知られる関西の大物タレントであり映画評論家。その浜村が突然、怒りを爆発させたのだ。

「今までインタビューした人でいちばん困ったのは北川景子(27)。こちらが何を質問しても答えてくれなかった。ムスッとした態度のまま、質問にはロクに答えない。今後、映画会社から(インタビュー要請の)話が来ても、二度と受けません」

 なんと北川を名指しで猛批判し、絶縁宣言をブチかましたのである。気さくな性格で、映画の共演者からは「関西の姉ちゃん」と呼ばれる神戸出身の北川。浜村との間にいったい何があったのか。2人の確執を知るMBSラジオ関係者が明かす。

「問題となっているインタビューは3年前、10年3月9日に放送された『ありがとう浜村淳です』の中でのインタビューです。当時、北川は藤沢周平氏の時代小説を原作とした主演映画『花のあと』の宣伝としてゲスト出演しましたが、そこでの彼女の態度が浜村の怒りを買ったのです」

 確かに同番組のオフィシャルサイトには3月9日の放送分として、2人が笑顔で並ぶ記念写真が掲載されている。が、その現場はとても「ありがとう」とは言いがたいものだった。MBSラジオ関係者が続ける。

「インタビュー中、浜村さんは『花のあと』のPRをするために、北川にさまざまな質問をしていました。ところが彼女は終始、『はい』『うん』『そうですね』ばかりを連発して何もしゃべらない。自身の出演作品の宣伝に協力する気があるとはとても思えない態度に、浜村は激怒しました。結局、特に盛り上がりもないまま、浜村がどうにか間を埋める形で終了。しかも収録場所は彼女が泊まっていたホテルの部屋でした。呼びつけられた浜村がわざわざ出向いたにもかかわらず無礼な言動だったため、火に油を注ぐ形になった」

 かつて「別に‥‥」「特にありません」のセリフとフテくされた態度で大バッシングを食らった、あの「エリカ様」のごときふるまい。自身が大女優だと勘違いしているのか、関西の大御所を怒らせたことで、「裏の顔」が世間に暴露されてしまったのである。

「放送以外でも浜村は周囲のスタッフに『僕は北川景子が嫌いだ』と事あるごとに言っていますよ。それほどまでにあの時のインタビューが頭に来ていたんでしょうね」(前出・MBSラジオ関係者)

 この一件には、さらに後日談がある。語るのは北川に近い芸能関係者だ。

「実は最近、映画会社が『北川の最新作をPRしたい』と、3年ぶりに浜村の番組に出演をお願いしました」

 最新作とは、深田恭子(31)と共演するミステリー映画「ルームメイト」(11月9日公開)。ルームシェア生活を送る2人が、禁断の「レズキス」を交わすシーンも登場する。

 芸能関係者が続ける。

「ですが、浜村はこの申し出を拒否。北川が浜村の『共演NGタレント』になっており、番組スタッフも納得の判断だったそうです。北川は断られた理由を認識しているのかどうか‥‥」

 大御所をさんざん怒らせておいてまた宣伝したいとは、何とも厚かましいかぎり。そんな反省のなさにアキレた浜村が、冒頭の怒りトークを炸裂させたのだ。関西では尊大な勘違いタレントの新代名詞は「ケイコ様」ということに──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
樋口可南子が不貞発覚で放った「芸能史に残る名言」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
2
徳川家康ブチ切れ!通行人にノコギリで首を挽かせた「極刑中の極刑」絶叫シーン
3
「富士山噴火」が危ない伊豆諸島「ベヨネース列岩」の不気味な海面変色
4
挨拶したのに…上沼恵美子がガン無視激怒した宮迫博之の「顔面イジリ」
5
「風呂に入らない」「下世話な収入と貯金話」堂々とぶっちゃける…夢も希望もない「アイドルの庶民化」にはゲンナリだ!